プライスマッチ

いくつかの作品をプライスマッチで無料化してみました。またひとつ、有限の転送量を圧迫する電子の塵芥が世に解き放たれました。

これはサーヴィスではない。誰がただで人にものをあげるものか。30分のアニメがおもちゃの広告フィルムのように、あなたがたにキャラクターの関連商品を買いなさいよと躙り寄る圧力のプライスマッチだ。

というわけでリンクを貼る。心ある諸君は必ず買うように。1万円以上が送料無料のネット通販のように、5万円以上お買い上げの方には必ず、私が三秒以上「買ってくれたXXさんにうんざりするほど良いことがありますように」と、おやつでも食べながら祈ることをお約束します。なんなら神社に賽銭を投げ込みながら祈ってあげましょう。なんて嬉しい話だ!ご縁が三回あるように15円。知ってますか、穴の開いたコインは珍しいので5円玉は海外で珍重されるんだぜ。と、聞いたけどデンマークとか穴の開いたコインがあった気がする。引き出し探せば出てくるけどめんどうなので裏は取らない。

すたんぷ

https://store.line.me/stickershop/author/3952/ja

Tシャツとか

http://hoimi.jp/brand/orichallcom

 

さて、今年はもう少しちゃんと作ったものを人に届ける努力をしたいと思います。はっきり言ってそういうのはニガテだよ。寝そべってまんがでも読んでいるうちに誰かが宣伝してくれよと生まれる前から考えています。
その一環でのプライスマッチですな。これは読まれるためのハードルを下げているわけでは無いのだよ。誰でもきてきてこじきるんぺんおもらいですよみんなは。という訳では無い。断じて違う。
気になるけど人を選びそうだしなんて臆病者に、ほうら0円ですよ。ういたお金で菓子の一つも買えますよ。とチラつかせのチラみせつまりはチラシ。

さてしばらくプライスマッチして判ったのは、絵本<小説<まんがの順でダウンロードされる、気がします。表紙タイトルあらすじのミリキの違いもあるのでこの結果に科学的客観性は無い。あるのは結果だけだ。

そう、あるのは結果だけなのだ。大事なことは二度言います。あなたが成功しようが性交していようがどん底だろうが人類全て最後の結果は死である。
おお、みんな平等なのだ。どんなお金持ちでもあの世にお金は持っていけないのでただ死ぬだけだ。いや、もしかしたら持って行けるかもしれない。これは検証してみたいと思うのでみなさんはお金をおよこしなさい。私が死ぬときに確認し可能であれば本ブログにてイタコか自動書記か何かで報告したいと思いますうらめしや。
なお、実験の性質上あの世に持ち込み可能不可能を問わずご返金は出来ないものとご理解頂きたい。それでももしあなたがあの世まで取り立てに来るならば、生きろ生きるのだ、此の世は地獄の生き地獄だけどまぁ生きていようね。とニッコリ優しく塩をまいてあげます蘇れ。
あの世には血の池なるものがあるので、まぁ天日でどうにかすれば塩くらいは作れるのだよ。
取り立ては一掴みかふたつかみ塩が乾くまで待たれよ。

話がよくわかんなくなったので終わり。

 

 

あけおめことよろズッ友

あけましておめでとうございます。

あまり宣伝する気も無いのでひっそりとやっていたのですが、折角やるからには宣伝しようかねと思いつきましたので、
そうですねぇとりあえず過去本の内容紹介の見直しや表紙の修正をしていこうかとそんな新年の抱負です。
そうそう、近々こーいうのを出すつもり。

00

絵本ですね。タイトルに「絵本版ザ・ワル子さん」はもう入れなくていいかなーって思ったので「ミライのトモダチ」だけ。
そもそも絵本以外に無いし…。ああ、まんが獣島に出てくるワル子さんはドラえもんに出てくる星野スミレさんと同じでただのゲストなんだよ。うん。

で、今年のテーマは乖離と異化効果なのですが、この絵本もまぁ色々仕込むよ。いい話とか笑える話だとか、そういうのでは終わらせない。
と、作者は言っていますが効果が出るかは判らない。しらんがな。
でねーよ。

馬鹿の考え毎日が夏休みと昔の人も言ってます。
先月の円盤対猫も色々ワザとの誤字とか仕込んだけれど効果があったかは微妙だったし。いや、そもそも脈絡無いんだよ。でも書いているときの気分で「あー、これ誤変換をここに入れとくとなんかいいなぁ」と思ったのです。論理的理由は無いけれど、気分がそうさせた。へへへ。
もっとこう汚い本にしたい。グチャっとしてて物語は添え物程度で(これ、指摘してた方がおりました。鋭い。そう!物語に興味は無い)文字と文章のリズムで強引に読ませる。伏線だかそうでないのか不明瞭な事もゴチャゴチャ書いておく。
バカ映画のように、読み終わった後何も残らないけれど面白かったな。というのが理想なのだ。ゴチャついているから「鬱陶しい」って記憶が残りますか。しらんがな。

そうそう、誘われた執筆中の小説に意見をみんなで出していこうプロジェクト、現状の自分は上記の意見でベクトルが違うので仲間入りはしたものの永遠にROMです。それに自分より優れた人に技巧のアドヴァイスはできないよ。邪魔なら出来るぜ。そんなお邪魔虫のケムンパスはおよびでないだろうからいつまでもROM。

今年は自己宣伝のため、自分のガイドブックをリリースしてプライスマッチで0円にしたいと思っているのだよ。が、このプライスマッチ、毎回お断りされる。みんなどうやっているの…?つまらないモノをゼロ円配付は許されないのか。詰まらないものだからこそ少しでも小銭を稼げと言うことなのか。アマゾンの奴隷よ。そうだ、アマゾンの人食土人の奴隷があたいだ。ピラニアピラルクどんとこい。あたいがチュパカブラだ。
で、ガイドブックというのはですね、過去作の解説とかモロモロですね。エッセイ的なのを書きたい。同時に過去作の改訂版も作りたいのだけれど、一度リリースしたモノを書き直すのはいやだ…。書いたときの気分が反映されているのだから日記の修正と同じなんだ。
いや、改訂版作りたいのは結構ある。もの凄い矛楯が一篇の中で爆発しているのとかあるし。

ここまで書いて力尽きた。明日はいや、次回はこの本の解説を書くぞ。