読切小説「銀河の七つ星レストラン」読捨小説

 表題作を書き終わらないうちに別の短い話が出来たので、しょうがないので載せる。

スタンプも増えたよ。

一太郎からコピペすると改行の一字開けが反映されなかったけど面倒なのでこのままでいいや。

銀河の七つ星レストラン
世は宇宙時代と言われハネムーンを羽を伸ばしにムーン旅行と洒落込んだつもりでも「近場で安くあげるなんて」と種子離婚(*)に繋がる昨今。やはり流行はオールト雲目当ての太陽圏最果て旅行がおすすめ。
婚約指輪は余命三ヶ月と引き替えの宇宙の神秘、反物質封入リング。
これが二十一世紀の現代、一般的に「これくらいは当然」とされる結婚の第一歩の姿である。
*宇宙港は種子島にあります。

さて、こうなると披露宴も無事では済まない。伊勢エビオマールエビ海老原少尉、エビにも色々ありますが金銀パールの小惑星帯よりも豪華なエビと言えばダークマターに漂う宇宙エビ。目も触覚も御髭も御御足も一、二、三、とにかく多い宇宙のエビ。
婚前交渉から新婚旅行、憎い連れ合いがくたばった時には盛大に宴会否お葬式までしっかり対応できるので有名なホテルチェーン、ホテルニュータナカスズキのコンシェルジュ、連込木賃は宇宙エビを使った目玉メニューに付いて考えていた。
メニュー自体はもう完成している。宇宙で一番美味しいエビの食べ方XXXXXXX(発音不能)を銀河最高のレストランシェフ南ダンジリ氏に再現して頂くのだ。そしてこれを地球一の美女達に美味しそうに食べて貰うのだ。
南ダンジリ氏、地球名のようだがこれは当て字である。宇宙語での名前は当然発音不能であるが、どうにか空耳でミュウンナミイイイイィンダァンジールゥンと聞こえた気がしたので便宜上南ダンジリと呼ばれている。無論超音波の発声と聴音不能な我々に聞き取り再現出来るわけも無く、まっとうな発音では無いこの呼び名は無礼なので本人の前で口にしてはいけない。脳波に脳波を送り込まれて左脳と右脳を別人格にする超能力にてお仕置きされてしまうだろう。いや、それだけで済めば幸いである。彼の料理を上手そうに食べなかっただけで、豚の生き餌にされた者も多数いる。
さて、カメラマンも有能な者を連れてきた。立派な料理写真にするには一流の腕で写し取っても貰わねばなるまいとの配慮だ。すでに子どものおもちゃカメラにもX線からサーモグラフィ、重力波撮像機能まで付いてワンコインの時代であるが、その時代に錯誤するのが銀塩写真にこだわるカメラマン恥裸奇木魚である、これははじらぎもくぎょと読む。
この男デビュー作は日光写真であるから恐れいる。なんと二十世紀の終わりの頃でもディスクメディアのカメラを愛用していた。当時であれば最先端の光ディスクでは無い。ディスクフィルムである。ご存じないなら手近な爺婆に聞くと、いややはりご存じないだろうね。
宇宙時代に全くナンセンスなアナログ人間ここに極まれりだが、このギャップもまた良しである。
そんな連込木賃の思惑とうらはらこの恥裸奇木魚氏大いに頭を抱えていた。
宇宙エビは生きたまま、殻ごとばりばり食べて口の中でもぞもぞするのを楽しむ物だと言うがこれが問題なのだ。
動くから撮影が難しい? ちがう。
生きたまま食べるなんて動物愛護の精神に反する? ちがう。

なんと宇宙エビ、これがごきぶりにそっくり。皿の上の異臭を放つ宇宙発酵乳(コスモチーズ)の茶色くべたべたした上で這いずり回る姿はさながらほいほいハウス。
ペット不可のぼろアパートでも許される、中身は勝手に遊びに来てくれるあの粘着シートの紙製虫かごのふたを開けた様子にそっくり。
「ふふふ、私たちの文明がいかに進んでいてもこれだけは止められないよ」南ダンジリ氏はヒョイと足をつまむとぱくり。これをうげぇきもいとそんな目をしてはいけない。ド田舎地球のドン百姓とダンジリ氏に八本指にて自在に指さされた上でバカにされるのがオチだ。
そうそう、そうだった。ダンジリ氏の姿について説明していなかった。
見た目は典型的なピョンポコ星人である。つまり頭があり手足があり指が左右に八本ぞれぞれ。ピョンポコ星人もかつては地球人と同じく指は五本ずつであったが、彼らの宇宙時代が幕を開けたとき「恒星間飛行に数の数え方が十進数のままでは恥ずかしい」と、十六進数の数え方に適した指の本数へ肉体改造をしたのだ。現在は遺伝子改造で生まれながらの指八本であるが、はじめは移植だった。
足を洗った日本のマフィアが足りない指を足から移植するのと同じで、足の指を移植するブームがあったという。もしくは詫びを入れる日本のやくざが痛みを嫌い、ホームレスを襲撃して剪定ばさみで小指を切り落とし、さも自分の物のように提出…という具合によそから指を持ってくるブームもあった。指の調達先はピョンポコ星の後進国であったり国内に無数に存在する無戸籍人間や政治犯に宗教家たちであった。指を取るなんて酷い?いえいえ無駄にはしておりません。残りの部品も有効活用これ当然。
現代社会ですら人間が死に至る際、臓器提供を承諾していると200以上の部品に分割して各病院に運ばれるという。今わの際に列をなしてぞろぞろぞろと回収業者が並ぶという。
これと同じでピョンポコ星でもまるで鯨のように無駄なくすべてを利用されるのだ。どうしても使えないあまりカスは、後進国への食糧支援用にタンパク質を薬品で加工して再利用。
話を戻す。十六進数に適した…と言っても、なかなか物の数え方というのは変えられる物では無い。八本指になっても残りの三本は殆どの市民にとって飾りであった。移植する部位を自由に手の甲に掌に日常生活の不自由さはお洒落の前には犠牲となる。手袋はオーダーメイドが当たり前となり業界に特需が走ったというから、くだらないお洒落と無碍にも出来まい。
お父さんお母さんお兄さんお姉さん赤ちゃん指に爺指婆指捨子指の後にピョンポコ指八本景気と呼ばれることとなった。

そういうわけで指が増えると数えられる物も増える。砂糖塩酢醤油味噌、料理のさしすせそも五つから八つへ大きく変わった。これが南ダンジリ氏を筆頭とするピョンポコ星料理が銀河規模の人気を博した理由である。
酸味、苦味、甘味、辛味、鹹味に旨味が増えることで地球の料理が進歩したように、ピョンポコ星でも三つの新たな調味料「料理のやゆよ」と三つ増えることで三倍の進歩を可能としたのだ。
やはヤンピコ。ゆはユポポ、よはヨヨヨ。この三つである。連込木賃にはこの味についてはマズいの一言しか無いが、食は三代というものだ。
味覚は子どもの時から親の代から爺婆の頃から慣れ親しんでようやく理解できる物だ。だから自分には判らないのは当然だ。
同じく貧乏学生の頃からカップ麺一筋痛風持ちの恥裸奇木魚にも、味の理解は出来ないだろうが、本物を写し取る目だけはあると信じていた。時に写真は本物以上の迫力を持つ。
さあ撮影の始まりだ。控え室には「宇宙一美味しい料理」と一緒に写るための綺麗どころが控えている。彼女たちは皆「おいしい宇宙エビなんてものが食べられるチャンスですって!?これでギャラ迄貰えるなんて」とうきうきしているだろう。ありのままの感動も写真に収めたいので詳細は話していないが、プロならきっと食べ尽くしてくれるはずだ。南ダンジリ氏も宇宙の河岸でいきの良い宇宙エビを集めてくれている。辺境の田舎者の星のためと手を抜く事無く宇宙一のシェフが食材集めの便宜まではかってくれたのだ。
これこそが彼の料理を食べるためなら星の一つや二つだろうが、どんな犠牲でも払うと言う豪傑が宇宙中にいるほどの感動一皿の所以であろう。
さあ準備は出来た。
ホテルニュータナカスズキの連込木賃はモデル控え室の扉をノックした。

これが地球滅亡の真相である。

BD猛獣島ヴィジュアルノベルズ計画。

猛獣島その3をリリースしたよ。キャンペーン中。

さて次はもうちょっとストーリー性のある物にしようかなーとか思うわけです。この、その3の中には、そういうのにしようとした名残が幾つもありますが、やはり見切り発車では失敗しますな。
おかげで、やたら序盤だけが掲載されている意味不明な一冊となったことは満足です。
物語作りの根底にあるのは、雨が降ったら血を流れ川となり海に注ぎ再び蒸発する流れです。思考と希望と期待と絶望的な能力不足が物語を組み立てるのでは無い。無意識が生み出すのだ。そもそもこのまんが、絵の汚さからおわかりの通り下書きをしていない。
なんとなくプランを立て、なんとなく絵を埋めて、あとは面白い台詞を考えて埋めていく。ただ一人の思考の中ですら分断分業して作られているのだ。

なのでとりあえずキャラのまとめ表を作っていく。物語の基本だけは決めている。猛獣たちがまだ人間だった頃の話だ。
だから動物をベースに人間の絵を描いていく。割と楽しい作業だった。

SSSS

暇な方はクリックで拡大してみると楽しいかも。

一部のキャラは統合しましたが大体こんな感じ。
似たようなキャラばかり描いている気がしましたが、割とまんがの基本に沿ったキャラ割りになっていました。キャラを動物で設定したため、動物それぞれのイメージが反映されたのでしょうな。個人的にはブタがお気に入り。
最初は上半身裸でしたが可哀想なのでシャツを着せてあげた。ヘソ出し。

多分これで全員網羅できていると思うのだけれど、いや、チンチラがいないな…。モグラもフクロウも居ない…結構漏れがある…描き足すか…。

この人達で、シリアスなブラックユーモアまんがを計画していくよ。(描くとは言っていない)

追記。

描き足した。

猛獣島ハイブリッド00キャラ表

タブレットをもらったよ。

この前タブレットを壊してしまって、無いとPCでLINEが使えなかったり(モバイルで認証しなきゃ行けないんだよ。よっぽど課金させやすいスマホ以外で使われるのが嫌らしい。けちだね)電書が読めなかったり、そうそう本日夕方からすてきな電書が0円になるよ。読もうね。

割と不便なんで買い換えなきゃなーと思っていたのですが、たまたまタダでタブレットくれるモニターキャンペーンをやっていたので応募してみたよ。

今日はその記事。10日以内に第一報を、とのことでしたが、多分忘れるし初日の印象を書いた方が良いでしょう。
ちなみに折羽さんは気がきないのでステマをするつもりはない。思ったことを書く。

ちなみにこれ。

BNT−71W

ツタヤに置いてあるポータブルDVDなんかを作っているメーカーさんだそうです。

light_thin
公式サイトに写真UPするときは、ちゃんとリサイズしようぜ…。これ、やたら画像がでかかったよ。
因みに以前持っていたasusのmemopadc176と比べた感想でありますよ。

まずは見た感じから。
意外と見た目が立派。チャチくない。
付属のUSBケーブルが薄紫で可愛い。
カメラやスイッチ類が一番下に配置されるのはどうかと思う。でもこれは自分の設定ミスかもしれない。何故か直せない…。

印象的には動画が再生できるipodを初めて見たときのような、そんな感じ。
ちなみに私は音楽プレイヤーは東芝のギガビートをつかってました。

とりあえずSNSのアプリと以前のタブレットでやっていたゲームを入れてみました。
どちらもさくさく動いたのには感動。ゲームは無理かと思っていたけれど、スペック的には割とパワーがあるようです。モバイルのCPUのことには詳しくないからしらないけど。
電池の容量は少ないらしいけれどこれはまだ体感していない。
解像度の低さはちょっと気になる。これはゲーム自体がその解像度に無理矢理合わせているからでしょうね。文字を読むには自分は気にならない。めがね変えた方が視界全体からして高解像度になるしww

背面にカメラは無い。これは結構思い切っている。確かに中途半端なのを付けて値が上がるよりは切っちゃっても良いかもしれない。でもなぜか手前にはカメラがあるんだよなぁ。
こっちの方がいらないんじゃ無い?と、ノートでも何でも開封後最初に自撮りカメラにシールでふたをするあたいは思うのだった。
ちなみにストレージは8Gしかない…。これは悲しい。
友人に、スマホを買ったらバンドルアプリが削除できなくて、買ったときから残り容量256メガって人が居たけどそれよりましか。

これ、7980円で明後日あたりから売られるそうだけれど、値段のインパクトのために設計を思い切っている印象ですね。
そうそうGPSはついている。まだ試していないけど、今度地図アプリで実験するよ。
とりあえず半日つかって、不自由なく遊べています。ああ、そういやちょっと熱を持ちやすい気がする。すぐホカホカになる。
ただ、値段が値段なので、使い道を割り切る人にはお勧め。雑な使い方して壊しても買い直せば良い。
いやあ前回水没させたからそう思うのさw
あと、いらないソフトが入ってないのもいいですね。邪魔だよね、あれ。
世の中にはバンドル入ってないと怒り出す人がいるのかもしれないけど、PCでもなんでも最初からバンドルされてるソフトって広告みたいな物だと思っているので、なくていい。自分で好きなのを入れたらいいのさ。

ところでこの手の激安メカで気になるのはコネクタの精度です。USBがぐらぐらになったりして使用不能とかありがち。これを今後観察していきたいと思います。
とりあえず最初の感想終わり。
これ、1万2000円くらいでも売れると思うよ。ただ、その場合インパクトは無いけれど。
モバイルバッテリーと32ギガくらいのSD刺して運用していこうと思います。モバイルバッテリーはいらないかな…。使おうと思ったときに充電されていないオチが…。

ああそうだ、本日夕方からすてきな電書が無料キャンペーンなので、新品のタブレットにふさわしいなぁ。

あれ?デジャブを感じる!
価格帯的にキンドルと激突するだろうから、キンドル的な使い方も試さないとね!丁度良いことに本日夕方から…

またもデジャブ!時が繰り返されている。

まぁ、キンドルはアンドロイドのアプリで対応してないのがかなりあるって時点で勝負にならないと思う…。ああでもアンドロイド機に入れるアマゾンのアプリっていつのまにか勝手アプリになっているというカオス状態なので、アマゾン大好きもぐら獣人な人にはキンドルの方がいいんだろうか。

ケ、ケ、ケ、ケーン!

シュガレポ2

なんとなく思いついたのでシュガレポの続きの冒頭を書いた。

シュガーレポート サッカリン1-1

 アオイはミーコと仲良し。ミーコはどうだろう。
 猫好きで道ばたに猫を見つければ忍ばせた足音であとをつけるもすぐ逃げられる。
 なかなかキモチは伝わらない物だと何時も思う。ご近所にはすっかり顔なじみの白黒猫のミーコがいるけれど、まだ触ったことはない。アオイが後ろを付ければ悠然と「ついてきな!」と言っているかのように前を歩けれど、じりじり間合いを縮めるどこかのタイミングで逃げられる。ミーコは決して触らせてくれない。
 猫が好きだけれど触れないジレンマが落ち込ませてくれる。

 この話を友人のレミとゾラにした。
 レミとゾラは仲良しの二人組で、邪魔するのは悪いかなぁと思うのだけれど、なじみのカフェにいたのだ。ちなみにここ、動物連れ込み可。だからいつかはミーコと来たい。だからそれまではいつでも一人で来ている。誰かとの創めてはミーコとなんだとアオイは思う。でも、レミとゾラに逢っちゃったけれどね。
 待ち合わせしたわけじゃない、たまたまだからいいんだ。
「あ、あたしはいぬ派」「わたしは動物は汚いからきらい」即答が会話を止めた。

最初に思いついたのが、前に書いた別の話と全く同じだったので(どんだけ忘れっぽいんだ…)とりあえず新キャラを出して方向性を変えた。
このままここで連載形式にしても良いし、でもでもさぶっちゃけた話ブログの連載小説なんて読む人いるのぉ~?って気もするので、ああ連載されている方々をディスっているのではない。だから迷う。

それに自分の場合はざっくり大まかに書いたのをあとからどんどん肉付けしていく書き方なんで連載形式ってあわないんだよねー。
最近よくシュガレポシュガレポ言っているけれど、特に後生大事にしているわけではない。
途中に納得のいかない部分があるんで、そこを続編シリーズで解消できれば良いなぁとは思っています。
このまま書くかどうかは不明。先に仕上げたい物あるし。

 

 

 

 

今日はガッズィーラの誕生日。

おはこんばんにちば。折羽ル子です。英文表記だとorichallcomです。一応この綴りには色々理由があるんでありますがヤボなのでいちいち言わない。

先日行き詰まりを感じていた物語は昨夜解決策を思いつきました。その反動か安心感か、たぶん御飯でおなかがいっぱいになったからだと思われますが眠っちまいましたのでとくに書けてはいない。500字くらいは増えたかな。

プロットは出来ているのだけれど、どう考えても字を埋める作業にしかならない場合はどうすればいいのだろう。
結論は今のところ「プロットを根底に文章は別のところをくみ取る」これをやろうと思うわけです。
つまりバックグラウンドは江戸時代だったり戦時中だったりで色々あるし主人公は歴史の流れからは外れられないんだけれど、それぞれ個人個人に物語はあったよね~と、プロットはあって、その流れに乗りつつ別の物語が…、あ、今「何を当然のことを?」と思った?言いよ別に。

それから、いずれそのうちシュガレポの2を書こうと思っています。1は恋愛物だった。読んでない人は無料DLできるので読もうね。http://www.iineshoten.com/book/206/シュガレa

ベースとなるネタはもうある。恋愛要素は次はない。マクガフィン的にはあるかもしれない。
次回のタイトルは シュガーレポート・サッカリンとかシュガーレポート・チクロとなるとおもう。サッカリンが語呂が良いね。その後はシュガーレポート・ソルビトールとか続く。いや、順番がわかりにくいな。こういう感じで連作となって、全体で何かが浮かび上がるといいですな。いや、1書いてから随分経っているのにいったい何時完結させるつもりだよ?って話ですかソウデスカ。
一応最初に書いたときに1が序盤になって…という構想はあったのだよ。メモもある。ただこれ、作業だなーとなったのと、構成が複雑すぎて自己満に終わりそうだなーというのと色々あってやめたわけさ。
そうそう、同じキャラが出てくる自作が他にも幾つかありますが、あれは全部スピンオフなのだ。たぶん…。

でもまぁいつ書くかは知らない。とりあえず現状の書きかけを消化しなきゃいけない。
ちなみにシュガレポは二晩くらいでネタまとめて書いた気がする。続き書くためにも今の書きかけをがんばるか…。あと5千文字くらいで終わる予定。

メジャーマイナー。

世の中の多くの物事はメジャーとマイナーに別けられる。当たり前ですが。
この分け方、詰まらないとか面白いとかではなく、人目に触れるか、多くの人に好きになって貰えるかだとか、これも当たり前ですがなにやら分かれる基準があるようです。
最近だとこの折羽さん「マイナーな絵ですね。コンビニには売ってなさそうな。ガロ?」との寸評を頂きました。幾ら何でもガロではないべぇと思いましたが言いたいことはよく判るし自覚もしている。ちなみにゲームの絵を描きませんかとの紹介を頂きましたが「絵柄が合わないやっぱり却下」とお断りもされました。そんなものです。

メジャーじゃないんだよ。
内容的にも割と人を選ぶのでマイナーでいいんだけれど。

別の例を出す。

10年くらい前に「これからはブルーレイですよ~~」と熱弁してきた知人が居た。私は「ブルーレイなんてメジャーにならないよ。みんな映画をほしがる人はDVDで買ったしHDになってもVHSと比較するほどのインパクトもない。容積も減らない。それよりケーブルでばんばん放送しているしレンタルもいっぱいある。VHSの時代にLDが流行ったのとは違うし、DVDが馬鹿売れしたのと同じにはならない。そんなにソフトも増えないと思うぜ。コアなファンが居る映画だけは出るかもねー」と言ったら発狂したかのように怒られた。でも現状大正解じゃん。日本全体が貧しくなって、好きってだけで映画を買わないというのもあるんだろうけれど。
メジャーになるモノとマイナーになるものを見誤るとこうなる。まぁこの人物、映画が好きだからブルーレイを集めて後悔はしていないだろうけど。

メジャーになりたい。
メジャーがなんなのかはきっと判るつもりだ。新作映画で何がヒットして何が売れないか、予告を見るとなんとなく判る。ターミネーター5はヒットしないだろうな…とか。ジュラシックパーク3は見るからに売れなさそうだったけど4はヒットしそうだな、とか。

これって何を嗅ぎ分けるんだろう。例えばLINEのスタンプの新作見ても、これ売れそう!ってのはある程度判る。
だったらお前も売れるものを描けよって話ですがコレだ!というのが描けない。アイディアはあっても流行るカタチにまとまらない。折羽さんの色が流行る波が来るまではきっとお預けなんでしょう。

ちなみに最新はコレ

https://store.line.me/stickershop/product/1197448/ja

せっかくだしキンドル本も宣伝しておくとコレ。

これ、結構気に入っているんだよ。

ところでこんなネタを考えた。

ああ、今書いているのが行き詰まって居るんだよ。
内容なんて最後まで決まっている。だからアイディアに沿って文字を埋めていけばいい、はずなんだけれど、私の文章はなんというかこう、自動書記的な部分があるんだよ。手癖で書いている、とかではなく、変なテンションでうぎゃああああああって書かないと面白くない。大体そう言うのは一部の人にしか喜ばれないんだけれど。その例がさっきのアフィリンクですな。

行き詰まっているモノを手癖で埋めてもマイナーのままなんだ。メジャーなものを書きたい。まんが描いていたのだってメジャー狙いだったからだぜ?だめだったけれど。結果がすべてを証明している。

で、この代替ネタ、すこしばかり考えてみた。80年代のまんがにこの手のネタはわんさかありそうなのでそこから対策を考えなきゃいけない。

パロディを描きたいんじゃあない。悲哀!そう、折羽式キャラクター論では「人気者にはみんな背中に哀愁がある」なのだよ。ドラえもんもゴジラも後ろ姿がとても良い。ゴルゴ13に至っては後ろ姿こそいつもの姿なんだ。(実際はそうでもないが)

最近はハリウッドキャラもそのあたりわかっているようで、スティッチ…スティッチをご存じか?グフと同じ配色の彼も背中に哀愁がありますね。ピカチューを参考にしたんだろうけど。ちなみにスティッチの声真似が超とくいです。

あれ?何の話だっけ。そう、メジャーとマイナー。パロディはメジャーになれないんだ。パロディだから。元ネタを必要とする限り

 

描くのが面倒になったしまとまる気もしないのでココで終わり。

ごちゃごちゃ書いたけど、SF02これが進まないから他のコトしようと考えているだけだ。

ストーリーはあるしプロット(この言葉は嫌いだ)もある。でも、違う構成を考えている。
例えば前後編にするとか、いきなりプロットの状態をぶち込んで話を流し物語性から文章を解き放つとかね。
おかしなことをやりたいのではない。おもしろくしたいだけ。