サンプル本進捗。

別にこれといって書くことはありませんが折羽ル子です。

KDPにてとりあえず絵本のサンプル版を配っております。スマホがあれば読めます。

まぁダウンロードの勢いは小説の時と大差ない感じです。
ランキングを気にしているわけではありませんが上位に入った方がより配りやすいので、青空文庫をランキングから外してくれないかなー?って思っております。

あのランキング、売れた数と最期に売れてからの経過時間とで順位が決まるんで、そうなると数年後にはどうやったって抜けない青空文庫たちが100まで独占する結果になると思うんだよね。事実、今では文芸で20位以内に入るのが難しいっても言うし。

無料本のカテゴリに「キャンペーンで無料の本ランキング」ってのを追加するだけで良いと想うんだけど。

読者としての自分も、そのほうが掘り出し物を見つけられやすい。
いつ見ても同じ本が並んでいるランキングは、流行っていない古本屋の棚を凝視するのと同じでまるで意味が無い。

いつも同じ顔ぶれではなぁ。

ところでこの絵本のサンプル0円配布、終了してしばらくしたら抜粋ページと表紙を変えてまた行うのも良いねぇって想いましたが、荒らしっぽいのでやめときます。99円の抜粋で無い短編絵本シリーズ作るからそれが代わりになるわけだし。

コンセプトとしてはマンガの雑誌連載と単行本みたいなものかな。99円はコンビニで立ち読みするのと同じく0円にもなるけど、単行本は買って読もう!みたいな。あと、悪口レビュー対策って意味合いもある…

まぁキャラクターが受け入れられなければ意味が無いのだけれど。

今週は小説の新刊もだしたいですなぁ。あ、でももう木曜か…。

新作短編のもったいぶった予告とか読みかけの本とか。

おはんばにちくわ、折羽ル子です。

tawashi依頼を請けてはりねずみスタンプを考案中です。
考案中っていうのはつまり、全然出来てないって事だよ。
手描きのタッチを大事にした内容にしようかと思っております。

まぁどうなるだろうか。

 

 

先日から新しい短編を用意しております。
ジャンルは、うーん。ジャンルはかわらず少しばかりシリアス方向に向いた内容でしょうか。
いつもよりかはずっと一般性のある内容に…なっているのかなぁ。
イロモノじゃないのも書きたいなぁと思って書いてはいるのだけど、やっぱりイロモノかもしれない。
ここは一つ作家性なのです!と偉そうに言っておきます。同じ人間が書くんだからそんなに方向性が変わるわけが無い。

サクっと書いて終わらせたいなぁって思っております。
それをまた無料キャンペーンをやって…と、予定しているんですがそれだけでは寂しいのでおまけにいつも通りの短編を混ぜておこうかとも思っております。

メインの作品じゃ無くそのついでに入っている興味も全然沸かないモノ、ついでに読んだら意外に心惹かれるってのも自分の読書体験上けっこうありました。
そういうので読者層を広げていければなぁって思ってますがどうだろうか。

まぁ無料で配って悪口書かれてまた腹を立てるのが関の山かな。

 

たまには他人の書いたKDP本についてのメモ

ところで先日こういう本をダウンロードしてみました。
タイトルに惹かれた。
まだはじめの方しか読んでませんが、(短いようだし最期まで読んでから紹介すればとの声は無視)なんかいいね。

うまく言えないけれど言葉の使い方だとかにシンパシーを感じました。と、書くと迷惑感じちゃうだろうか。
物語だとか構成だとか、そういうのより言葉の感性を創作物には重視してしまう。
言葉の個性は抑えた面白い物語がハリウッド映画の理屈で固めた構造のシナリオだとすれば、ヨーロッパの詰めの甘いシナリオなんだけど何故か忘れられない映画に惹かれるというか。この本が、ではなく自分の求めるモノがって意味です。
KDP本にamazonレビューは付けない主義なのでここにメモとして残しておきます。

 


 

自分の書いているモノに「自分だけが面白いと思っているのでは?」って不安をいつも抱えているので、
人の作品に独特さを感じると、個人出版だからこれでいいんだ。すきにやっていいんだ。って多少は気が晴れるのです。

ところで本日の日本時間17時から絵本のサンプル版を配布するよ。現在は99円だからダウンロードはしないでほしい。
これは5日間の無料期間が終わったら販売停止となります。特にストーリー性も無いので、コレ単体でもまぁ一応は絵本として読める、のかなぁ?
まぁ無料なんでよろしければどうぞ。

無料キャンペーンと

http://k-yahata.hatenablog.com/entry/2014/05/14/KDP%E3%81%AE%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E7%84%A1%E6%96%99%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3#.U4Nv5ihKTBY

こんばんは折羽ル子です。↑こちらのブログを参考に私も早速手法をぱくらせて貰いました。
アイディアだけはなんとなく持っていたけれど、同一内容の本を二つ刊行するのってどうなんだろうなぁ~って躊躇していたのが一歩進んだと言うことです。

無料キャンペーンも使い方を工夫していけば毒にも薬にもなるんじゃなかろうかと思いはじめております。
結構イヤな思いしたからな…。

ただ絵本とはいえストーリー性が低いので、8割収録ではなく6/42つまり1/7のみの収録としました。収録ページもバラけております。
だけど絵本で7P位で打っている人も居るので、セコい感じはしない…しないといいな。

*多分無料になるのは早くて明日の17時以降。

小説と絵本ではダウンロード数がどう違ってくるのか楽しみだよ。

これまでは自然に読者が増えることだけを受け身で期待していたけれど、今後はこういうアクションをぼちぼち仕掛けて行こうかと思っています。
昨日も書いたけれど、
1)1万字ほどの短編集
2)最大12Pくらいの絵本

3)それぞれ一定数溜まったら総集編(無料キャンペーンはなし)

あとはスタンプとかなんだけど、スタンプ客を絵本に誘導してそこから小説に誘導するのは、かなり難しいだろうからそこはあんまり考えない。

色々な紹介サイトに首を突っ込むプランや、何人かでやっている合同誌に混ぜて貰うのもアリかなぁっては思うけど、文芸をまじめに考えている方との親和性が低い(と、相手に思われる。私はいたってマジメですが)ので遠慮しておきます。
一回ぐらい混じってみたいけどね。

あれこれ気になった記事。

最近気になった記事。

http://gigazine.net/news/20140525-fight-to-save-endangered-ebooks/

消えかけている電子書籍を後世に残すための戦い

こんばんは。折羽ル子です。

電子化したら永遠に残るよね~とか気軽に考え、100年後の世界はむしろデータをいかに削除していくかが主流になるのかもとか考えていた私であります。
実際持ち主が死んだけれど残っているWEBサイトとか結構あると思う。
私自身、かつてフリースペースに作ったWEBの残滓が未だに残っている。
IDとかメモは残っているので消そうと思えば消せるのだけど、何より面倒だし記念だと思っているのでそのまま。
運営会社が消滅するまではこのままでしょう。

だから電子書籍も同じく永遠に残るかと思っておりましたが、記事の通りその運営会社が売るのをやめたらたしかに入手困難になるってもんです。

そういうわけでも無いけど、一応拙作はDRMをつけていません。付いているのもあるけど一回付けると外せる設定になってないんだよ。すまない。

<広告>

<広告>

ところでこの個人出版、最終的にどうなるんでしょうね?10年経っても20年経ってもamazonで検索したら出てくるんでしょうか?すごく、検索の邪魔っぽいな…。

気になる記事2(リンクなし)

KDP本の売り方について、いたずらに読者を増やそうとするのでは無くメインの強気価格本+1万字程度で無料期間設定のある本でやってます。ってインタビュー記事を見ました。ちょうど絵本でこれをやろうと思っていたんだよね。ちょっと悩んでいるけれど。
10P程の99円絵本を出して無料化する。
絵本の無料版はまだやったことが無いのですが、だいたい小説でも無料にすると3,400冊は出ます。9割は手当り次第に落としている人かとは思いますが(数字に根拠なし)
回を重ねるごとにダウンロード数は一応増えるので、KDP読者の絶対数が増えているのかとは思う。なので99円本を配るっていうのは宣伝手段としては間違ってないでしょう。
そういや某所のスレ見てると、無料にしても500冊の1/100も出ないけどな~って書き込みがありましたがほんとうだろうか…。
普通の文芸作を出したことが無いので何とも言えない。

このあたり、結構情報収集しているつもりなんだけれど正確な数字や売り上げ結果を書いている人がほとんど居ない。
書いている数字を見て実際にランキングを見ると???ってなる場合もあるし、書いていたとしてもちょっと大げさにしてるんじゃあ?って思うことがしばしば。

まぁ売り込みのテクニックでもあるので簡単には人に言えないよ?って事なのかもしれない。

絵本のキャラで小説書こうかなあ。ネタはある。
しかしマンガのノベライズを無意味だと思っているのに、自分はやるっておかしいな。

次回はケモノノシリーズとこないだの連載の続き(誰も覚えてないだろうけど)と絵本のノベライズとして意味のあるノベライズの三本立てで1万字くらいを目指そうかと思う。

今月中に出したいなぁ。無謀か…。

ペンネームとか宣伝とかあれこれ。

http://www55.atwiki.jp/kdpfrontier/

絵本をもうちょっと宣伝しようと思いまして、とりあえず露出が必要だなと感じた折羽ル子です。

そういうわけでこちらのサイトに登録してみたのですが、いかがなものでしょう?

私はほんとうに面倒くさがりで、請求書一枚書くのも相当モチベを上げないと出来ない人間なのですから、「へぇ~著者ページも登録出来るのかぁ、でも今度ね。KDP名鑑さんにもまだ著者ページの文章送ってないし…」とか思っていたら、細かい著書とか含めどこかの親切な誰かが代理で登録してくれました。
どうもね。
嬉しかったので、代わりに登録してくれた方にこれからの一ヶ月、天中殺の真逆って程の超ラッキーが108回連続して降りかかるように祈っておいたよ。
幸せになってくれ。

ペンネームについて
別にお金が儲かると思って始めたわけではありませんが、やるからにはそれなりに結果が出てほしい。そう考えてKDPもといその前にやってたPABOOをはじめました。
そのときペンネームを考えたのですが、最初はひらがなで食い物の名前に使用と思いました。
め~ぷるしろっぷ。とかそんなの。
しかし私はサルでも描ける漫画教室って傑作漫画に「ペンネームに馬鹿な名前を付けるな」っていうのがあったのを思い出し、これはやめました。
実例として、喫茶店で恥ずかしい名前で呼び出されたり、何かあったときに実名とセットで恥ずかしい名前を報道されますよ?ってネタだったかな。
その例の名前は下品なので書かないよ。

なので漢字かな、漢字でありそうな名前だ-!って事で「宇宙刑事ギャバン好きだから名字は大葉にして名前は佳奈奴だー!オオバカなやつ」とか考えましたが2秒で却下しました。ないわ。これもないわ。
そういうわけで延々悶々としていたのですが、昔小説を書くときに考えたキャラの名前を流用しよう!そうしよう!その小説書いてないしね!って事で、
オリハルコンの当て字で折羽流子?ルのトコにどんな漢字充てるつもりだったか忘れた…瑠だったかも。を流用したわけです。
ちなみにその小説の内容は1ミリも覚えてないけどライバルキャラにヒヒイロカネとかエクスカリバーとかなんか当て字を考えようとしていたのは覚えている。
ただ、流用するのに全部漢字だとちょっと字面が重い。
そこで折羽R子としました。アルファベットにすれば軽やかだし藤子・F・不二雄みたいでかっこいい。が、ここで新たな問題が。
名前にアルファベット入ってると姓名判断できないんだよ。。。
と、言うわけであれこれ試行錯誤してルに落ち着きました。割と姓名判断の結果も良いんだよ。努力が報われないらしいけど、努力なんてしないし!って前向きに考えることにした。

折羽 ル子
○● ●○
7 6  2 3
総運18○ 行動力抜群の猛進タイプ。運命を切り開く。やや度量のせまい点あり。
人運 8○ 困難を乗り越える粘り強さを持つ。強引さは災難を招く。活動的理論派。
外運10× 努力が報われない。特殊な犯罪に関係する傾向。
伏運13◎ 周囲の理解と愛情で才能を伸ばしていきます。
地運 5◎ 開拓、調和、成功運。
天運13○ 頭脳に恵まれる。家族を大事にする家柄。
陰陽 □ 悪くはない配列です。

あってるのかなぁ…。というか見方がよくわからん。数字と記号の相関関係がわからん。

カタカナにしたのは名前が目に入りやすい視覚効果を狙ったってのもあるんだけど、ところで先ほどのサイトのタグを見てみると

wwweerrtr

割と視認性はいいんじゃあないかな。
真上にもっと視認性の高い忌川タツヤ氏がおられるので、ちょっと損しておりますが(笑)
こうしてみるとひらがなカタカナって目立つなぁ。
漢字の画数少ないのだとどうなんだろう。

ちなみにツイッターアカウントを見ると判るけれど、アルファベット表記はorichallcomでオリハルコンとは意図的に変えました。
本来はorichalcum が正しいのかな?何故変えたかというと、WEBサイトのドメインを取るときにorichall.comにしたかったから。
で、オリハルの最後のlはgodzillaの表記に倣ってlを二つ重ねた。外国語表記として正しいのかは判らないけれど、godzillaってのが受け入れられているからにはアリでしょう。
個人的には文法やらはそこまで目くじら立てるモノでは無いと思う。
言葉は生き物です。が、無知故に間違っているのはいやだ。しかしこのorichallcomが間違っていても笑って許してほしい。何故ならもうドメインを取得しちゃったからいまさら変えられないからさ!でもこっそり教えてくれると嬉しい。夜中に一人悶々と悩むから。

さて販売戦略について。今日は妙に長いな…。
以下弁明的な前書いたことの再放送含むいろいろな思い。

絵本は250円にしました。スタンプを100円で売るのに描き増ししてる絵本が99円ってわけにはいかないのと、今後10P程の短編を99円でリリースしたいから。
そして無料期間にはしない。絵本は読みやすいからさ、タダで配って悪口書かれたくないから…。切実だよ。
タダのものを最後まで読んで悪口を書くメンタリティって、相当歪んでいると思う。そういう人の他のレビュー見ると、誰も彼もに辛口レビューしてるし。
いつも言ってるけど、レビューであれこれ指摘されるのは嬉しいんだよ。ちゃんと読んでくれて的確だなぁってフィードバックされる。
だけどさー、趣味に合わないとか自分のキャパシティ溢れているからって延々罵声を浴びせないでほしいよね。
誰かが「amazonレビューは200文字以上にしてくれないかな~」って書いていたけど、私もそう思います。

あと、自分に限らずさ、とりあえず良いレビューが付いてたら「参考にならない」を押す人がどうもいるっぽいけど、いい加減足の引っ張り合いはやめようよ。
そういうわけで、タダじゃないと読まないよって人に悪口レビューされたくないので有償です。
ほんとうはこんなもの無料で配りたいんだよ。読んでほしい。でも此の世の悪がそうさせない。
最近は無料版って8割だけ収録したのをリリースしている先達もおりまして、とても良いやり方だと思いますが、まぁそれもやめておきます。
アマゾン、いきなりアカウント停止処分するからね…。

というわけで、希望する場合は「タダで読ませろ!」ってメールでもツイッターでDMでもください。いちいち私も挨拶とかするのもストレスなんで、「くれ」とか「よこせ」ってシンプルに一言だけ書いてください。私もシンプルに返送します。

英語版

おはこんばんにちは。折羽ル子です。
さてせっかくなので絵本に英語版を作っています。が、結構翻訳が大変だよね-。とか思ってみたり。

で、気付いた。英訳と日本語版が一致する必要ないよね?

絵にだって主にオノマトペだとかは書き直すわけで、本人が作るのなら文章全然違っててもかまわないはず。

お、一気に楽になったよ。

 

昔は日本映画を輸出するとき、おもいっきり作り替えてたよね。初代ゴジラなんて主役がレイモンド・バーになってるし。そういや1984年の海外版ゴジラにも同じ役で出ていて笑ってしまった。

まぁ日本でやるときも外国映画の作り替えって結構あるか。西太后とか…。

なので色々別物に作りかえるよ。うん、それでいいのだ。

新刊のお知らせ。

念願の絵本を完成させました折羽ル子です。
今回のこの絵本には、色々思うところをブチこみました。とは言っても愛着どうこうなんかではなく、
可愛い内容って何だろう?設定とは?そもそも絵本とは?文章中の漢字の量は、そして表現をどこまで平易にする?
そういった思うところ。

答えが出せたかなぁって部分もあればそうでも無い部分もありまだまだ迷うばかりの内容ですが、比較的うまくいったのではないでしょうか?

私は、ただ可愛いだけの媚びた絵柄だとか、狙いすぎのシュールさだとか、偽善的なキャラの行動だとか、そういう絵本もとい児童書に安直に見られる事柄がとても嫌いでした。
子供の頃からそう。
なので最近の安直なゆるキャラもあまり好きなのはいない。
(好きなモノもいるけど、書かないよ)

さて今回の絵本は物語性を排除しております。断続的な構造になっている。もう少しシーンごとに区切りをわかりやすくしようかと思ったけれどやめた。
映画ですっごい良いシーンがあったとします。そこをもう一度見よう!って思ったならばDVDでそこだけ見ます。
一度見た話をそんなに何度も楽しめないので、映像の一部だけを楽しむのですね。
それ以外の部分ってのは、そういう場合ただのノイズです。
映画自体を楽しむのであれば必要だけど、一部のシーンを反芻するためには早送りや巻き戻しをしなきゃいけないノイズでしかない。
だったら良いシーンだけの表現があって良いと想うのだけれど、小説やマンガや映像作品でそれをやったら確実に★1を貰う自信があります。

だけど絵本ならギリギリ許される、かもしれない。
理想としては画集+文章による補助、とポエム+挿絵による補助。これが互いに牽制し合って絵本ってカタチにまとまっている。そういうのを目指したかったのですが、今後の課題ですね。

眠いので何言っているのかよくわからなくなってきました。グーテンナハト。

えほんのひょうし。

00

絵本の表紙をやっと完成させました。折羽ル子です。

本文も全部出来ているんだけど、いまいち納得出来ていないので保留中。

漢字多いなぁって…でも子供に読ませるような内容では無いからこれでも良いのかなぁ…とか悩んでいます。

文章自体は平易ではある。そしてふりがなは付けたくない。付けても良いけどめんどい…。付けるくらいなら三歳児向けに文章リライトしたのを出したい。

って、ふりがなを私は子供の頃からあんま利用した覚えが無い。マンガには打ってあったけど、あれ邪魔だったよ。コマに読む順番の数字打ってるのとかも。

ところで電子書籍でひだりとじの横書きマンガって読みにくいね。感覚的にどっちにすすむのかが狂うというか。

サブタイトルが英文日本語ともについておりますが、これは飾りのようなモノです。映画とかでもさ、二作目以降がサブタイトル付いてるからって後から慌てて一作目にもでっち上げるのあるじゃない?あれがとてもいやだ。だからはじめから付けている。
ついでに言うとサブタイトルがそこまで内容を反映させる必要って無いと思っている。
だから英題はup to you「キミ次第」日本語タイトルとまったく無関係です。

日本語タイトルは「の」を必ず入れたかった。最初は「王威赫奕の極」ってしようかと思った。赤が二つもあるし。でもちょっとこのサブタイトル毎回「かくやくって読みます。意味は~引用元は~」って解説するのヤだなぁって思ったので現状のようになりました。

絵本だしわかりやすいのが良いよ。

まぁこれはまた変わるかも。

ちなみに第二弾も英題だけはきまっている。

Land like a cat

英題は今後も中学英単語の熟語にしようと思う。

 

ところでこの絵本は全編タテのレイアウトです。タブレットなんかの持ち方を変えずに読めること、横長で無いモバイルなのだから縦長で成立させるべきって考えのこと、表紙だけアマゾンの表示に最適化してタテで、本文は横レイアウトっていうのを奇形だと思うこと。とにかく色々鬱陶しい持論のためにタテです。

モトの図版が正方形に近いから…っていうのもあるけれどね。
多少は実験的な要素を大事にしているんだよ。新世界の絵本のカタチを模索したいから。

 

週末あたりにリリースできるといいなぁ。

絵本

スタンプの話ばかりでは悪いのでキンドル本の話。

そんな折羽ル子です。

その前に告知!

ワル子さんはLINEのスタンプ用に考案されたキャラクターです。(5月現在は申請中)だからアドレスは貼れない。
キャラグッズがhttps://suzuri.jp/orichallcomこちらで購入可能です。(仮で作っただけなので買わないでほしい)

ワル子さんはかなり気に入っています。小説にはなりづらいキャラですが絵本にはピッタリでしょう。
今は文章を校正中です。

 

絵本の文章は絵と文のバランスというか印象が半々が良いんだそうな。

当たり前でしょ?って最初は思ったけど、よく考えるとなるほどな~っても思う。
こういうごく当たり前の正論ほど気付けない。

そんな風に考えつつ推敲してると、全然終わらないね。

プリンター

先ほどプリンターがお亡くなりになりました。

折羽ル子です。

お亡くなりになったのが判るときは当然プリントをしたいときなので実に困るよね。
しかしこのプリンター、調べてみれば2006年モデル。まぁ買い換えしても良い時期です。
CS5あたりからフォトショップからの直接スキャンも対応しなくなっていて不満だったし。

しかしこの複合機、スキャン機能は死んでいなかった。8年前の機種とはいえスキャナの性能は満足している。適当に今売ってるのみたら特に性能も上がっていないし、むしろ安いヤツだと性能が低くなっているし…

こういう壊れ方が一番イヤだ。

スキャナなんて滅多に使わないけど、その滅多が低性能だと我慢が出来ない。
印刷はちょくちょくやるけれど、写真だとかはもうほとんど印刷することも無いのでプリンタ部分にはこだわらない。

と、ここまで書いてから出かけて、帰宅したら何故かちゃんと使えました。

機関銃みたいな爆音が

ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ

って鳴るのがちゃんと、と言えるのかは謎ですけど。
インクまだ40本くらいあるから買い換えたくないよう。