KUいわゆるヨミホ

キンドルで読み放題サービスが始まったので、あれこれ様子を見たあげくヨソにある本の一部を引き上げてみたりプライスマッチを解除したりした
多分無料キャンペーンも当分やらない。新刊の時もやらない。
色々思惑があるんだけどまた意見も変わりそうなのでとりあえず今は書かない。

というわけでこの本もKUで読めるようになりました。どー言う本かといいますと、レビュー記事をはっつけておきますんでそっちを読んでね。
http://awa.newday-newlife.com/blog/ufocat/

http://niigatabungaku.seesaa.net/article/433842645.html

自分でも内容忘れてたんで、なるほどーそういう本かー、と思いました。
よくわからん変な本なんですな。

こーいう事をやってるとへんてこなお手紙が舞い込むことが多々あります。
まるで思い当たることのない恨みの手紙とか。これは勇気を出して返信したところ「あなたが気に入ったのですが接点がないので、びっくりさせたら返信貰えるかと思いました」ということでした。
やめて、心臓に悪いからやめて。
他にも「XXのモデルってワタシですよね!ばかにしてるんですか!」とか「ペンネームってなんとか(忘れた)のオリバーから付けたんですよね?」とか貰いました。いや、オリバーってチンパンジーのオリバーくんしか知らないしと思って否定したんですが
「どうして隠すんですか!絶対そうに決まってます!」と怒りの返信を貰いました。きちがいってUMAじゃなく実在するんだな…と、思いました。
他にもその人物からは「あなたの描くキャラはそれぞれ何点です」と採点表が届いて、「XXはリストラしてワタシの考えたこれとこれとこれを描きなさい」と命令まで受けました。怖いです…。ちなみにリストラ対象はウサギのキャラでした。

IMG_20150523_174732

いや、ドラえもんってまんがからドラえもんをリストラしろって言ってるのと同じだぜ?リストラはともかくまるで世界観の違う他のキャラ(4人ほどいました)を入れろとごり押しするところに狂気を感じました。

世界観の違いっていうのは、例えるならスターウォーズが異星間の戦争だからと新作にはウルトラマンを参戦させろという以上に全く違っておりました。動物まんがなんだからせめて動物、百歩譲って昆虫とか生き物ならわかるんだけどさ。

さて、今はまた新作を準備中です。大体三つくらい。一個は小説やまんがじゃ無いんですが色々意見を聞きたいのでモニター募集中です。
時々ある程度纏まった段階をザックリ読んで貰って三行くらい感想を送って貰う、面倒だったら読むだけでもOKな簡単なお仕事なんで(ギャラは出ませんが似顔絵かあなたをイメージしたアイコン画像くらいなら描いても良いよ)自分の人生から月に10分程度を無駄にしてもイイヨって方は何らかの方法でコンタクトを取ってください。お待ちしております。但し、何らかの事情で応募をお断りする事も有るかもしれません。その場合も協力費として似顔絵くらいならお渡しします。

あかいあかいあいつ

ワル子さんが表紙の本が出ました。絵柄は流用ですが。

ざっと読みましたが、結構知らない本が一杯ありました。割と情報収集はしているつもりだったんだがな…。
最初は私も寄稿するつもりではあったんですが、この本を取り巻く状況に色々あったのと内容がちょっと違うんじゃないかと思ったので結局やめた。忙しくて手が回らないというのもありますが。

ちょうどこの動画、アニメ?のウサギの絵を描いておりました。
厳しい戦いだった。ウサギの絵を描いても描いても終わらないウサギ地獄だった。
描いたウサギにあわせて変な動きの実写がつくとは思わなかったよ。
他人と何かを作るというのは、脳みそを拡張するのと同じで思いも寄らないアイディアで返される場合があるので面白いですな。
チームで物を作るときは常にこうありたい物です。

チームについてとか「このぱぶ」についてとかなんかいろいろ書こうかと思ってたけどやめた。それぞれ今度また書く。

本日の広告。

ところでブタロボのアニメ企画を作っているので、ゴールデンタイムに放送しませんかという放送局からの申し出を受付中なんだぜ?

アニメ化(自主)

まんが猛獣島でおなじみ、ブタがスピンオフなアニメになりました。見てね。

え、そんなまんがしらねーよって?

リンクを貼っておきました。

制作チームは、楽しい動画を作っている http://usagiz.com/ こちらのおじさんたち。
ネットでやりとりしているだけなので何人いてどーいう目的でやっているのかまではしらない。クオリティ高いし仕事でやってる人たちの変名なのかな。
変わったことをやるときは名前を変えて本業のイメージを切り離す方がいいこともありますな。しがらみとか。

私がやったのは、企画会議と作画と、あとちょっぴり芝居のアイディアというか監修というか所謂ダメ出しです。
あのぶたが素敵なロボになり動くようになりました。
もとはぶた小説の表紙に使っていた物なんですが
表紙を変えていらなくなったんで、ファイルを捨てようとしたところをおじさんに拾われて動くようになったのです。
なんか、すごいね。
かつてしょっぱいフラッシュアニメを作った記憶を呼び覚まし、ここをこうやって動かせば良いのかなあとか考えながら、

元絵butaroboに加筆してはお渡ししていたんですが、
「そーいう配慮いらないから好きに描いてね」と言われました。
だから好きに描いた。たぶん頭を抱えたんじゃないかなーって思います。
おじさんたちが悩んでハゲたんじゃないか心配ですが、
これからも協力するんで育毛剤はアニメのアガリをどうにか作ってそこから買うと良いと思うよ。

というか、さっきからオジサンオジサン言ってるけど、案外若かったりしてw
やりとりするメールが大人なので勝手にオジサンと思ってるだけです。
大人なメールに「帰国子女(ウソ)なので敬語は苦手だ。ため口でいーよね?」と、
馴れ馴れしく返信するアタクシ。

このブタには細かい設定やら物語とかがしっかりあって、それをどう反映させていくかが今後の課題です。
TVアニメのシリーズじゃなく二分ほどのショートアニメの連作になるから、設定や物語は映像のガイドラインとして
内容が矛楯したりぶれたりしないしないためだけの物になるのかな。
そのうち文章やイラストが良い感じに貯まったら副読本的なのをネット公開してついでに電書で売ろうかなーって思ってます。企画時に文章は割と書いたから今の時点で出せないこともないけど、はじめに設定とかをだらだら見せてもしょうがないし
むしろ本編であるアニメの足を引っ張りそうなんでやめときます。

こうやってチームで何かを作るのってスゴク楽しい。
チームに限らずお客さんでもなんだけど、何かを作るときにキャッチボールのようにアイディアを返しあってすごく良い物が作れる人が居る。
忘れていた引き出しをあけてくれるタイプ。逆に、本人はアイディア出してるつもりなんだろうけどショボすぎて使えないネタだしそもそも美しくない(見た目が、じゃなくバランスを欠くとか下品とか)なんか文句言っておけば仕事してるつもりになるってタイプの人も居る。
こちらと君でもはっきり言って良い物は絶対出来ない。やる気も削がれるし、駄目な物をダメって伝えるだけで消耗するし。アタシの出来の悪い仕事は全部後者です。もう全部言いなりにしますよ?責任はご自身でどうぞ。言いっ放しは許されないよ?こーいうスタンスになるから。
まぁ知識も美学も無いのに口出しされるとそうするしかない。
日本の映画がスポンサー過多で駄目になるのと同じです。

今回は前者だった。
引き出しを開けるタイプの人と何かをやると、「自分にこんなアイディアが出せるとは!」ってなることが多いし、結果成長もする。人間死ぬまで成長し続けなきゃダメだよ。年齢とともにヒトは成長しなくなるもんだけど、歳を取っても良い影響を受けまくって、それまでの自分の世界を広げていかなきゃいけない。

このブタのアニメ、実のところもっとチャチいのを想定してました。いや、おじさんたちの実績は聞いてたんで能力に疑問はなかったんですが、単純に元絵がそんなに動くような物では無いからデス。
色々と思いつきレベルの要望をメールしたら、全ての要望が正確かつスケールアップして表現されて帰ってきた。って感じですな。

最後にもう一度貼っとくので、見てない人は見てね。気に入ったらお友達にも教えてあげてください。そんな親切をしてくれたヒトには特製待ち受け画面をプレゼント4Uなんで、拡散したよーって連絡してね。あ、待ち受けいらない?そうですかそうですよねw