かいている。

tc1

あれからペースは堕ちたにせよ毎日ちびりちびり書いている。SFだ!

自分の好きなSFはゴリッゴリにリアルなのじゃなく、ある程度のSF知識やら科学知識があることが前提なやつでございます。
アニメやマンガのおかげで最近はスコシフシギくらいではSFではなく一般ドラマとして扱われるようですが、それでも書いているときに「どこまでを判っていること前提にするか」で、悩みます。
そんなのハードルあげちゃっていいじゃん。と思われるかもだが、其の昔知人の知人の書いたSF小説を読んで、設定やら何やら作者はしっかり判っているんでしょうが全然伝わってこねー!!!!と1P目でギブしたことがあるのですよ。
ちなみにその知人の書いたのも、ほんの数ページしかなかったけれどやはり1Pでギブした。こっちはアクション映画のシナリオだったんだけど、ごめんキャラが何やってるか全然ワカラン。これは正直に感想を伝えました。
「まだ自分の作品は未完成なんだ!これは序盤でタイトルも出ていない部分だから判らなくて当然!失敬な! 」的なことを言われましたけどーそれって映画としてツカミに失敗しているって事では?金払って入る映画館で、この時点で出る人間もなかなかいないと思うけどさ。

こんな思い出もあるので、細かい設定を作り込んでいると「これ、自分にしか判らないんじゃあ」と不安にもなります。
SFはコワイ!

ところで小説でもまんがでも書いているとどうしても退屈な部分が出てきますな。必要な描写なんだけれどそのまま書いても詰まらないだけ。というヤツ。
以前シュガーレポートなる小説を書いたとき

ありがちで退屈で繰り返しの、あまり利口とは言えない片思いを如何にして読ませるか。というのを裏テーマとしておりました。これ、誰か忘れたけど指摘してきた人が居て、ちゃんと読んでいる人居るんだなぁ…。と感激しました。
とくにこうやった!というノウハウもないしそもそも忘れたのだけれど、今回も頑張って退屈さの解消に励みたいと思っています。
そう、たとえばB級映画あるじゃない?アルマゲドン2015とかこういう感じの。ああいうのがダメなのって映像のしょぼさ以上にシナリオが説明だけしているところなんだよ。この隕石は特殊で堕ちてくると~~~~~氷の隕石とかチタンの隕石とかマイクロブラックホールとか色々趣向を凝らしてマンネリを打破しようとしてもさ、説明がくどい時点でマンネリなんだ。シナリオは頭と時間を使えばなるべくコストをかけずに立派に出来るところなんだから頑張ろうぜ。
時間かけられないのかもしれんが。

なので、自作も退屈な部分をすこし頑張ってみようかと思います。
最初はショートショート的にネタを入れた話で書いていたのだけれど、書いているとやはり欲も出てきたので中編くらいにはなりそうです。60年代くらいの空想科学小説っぽさが出れば良いなぁ。

アンソロジーをつくろう(つくりません)

朝!起きずにはいられない。

ディズゥ見ていたら自分以外にもばりばり書き始めているサボり魔が居てその方も星新一賞に送っていたのか~奇遇!と思っていたら、自分がネタにされていただけの折羽ル子ですがおはこんばんにちは。

デイジーのまとめNo.55『半熟煮玉子を巡る○○?』『隙間社さん、キャンペーンで悩む』『王木さんがな、小説書いたんやって』etc.

猛獣島のリンクみても気付かず、後になって「?」となり読み返してやっと気付いたマヌケさんです。
注意力が無いのだよ。

そんなあたいも観察はする。近所にいつからか「日本初オープン」と張り紙がしてあるテナントがあります。横を通る度に覗き込むけど何がオープンなのか判らないしいつになってもカラッポのまま。ああマヌケはおよびでない王さまの服はロバの耳なんですな、あれれ。

そういや今日、チャリのライトがだめになってたんでああ買わなきゃなぁと考えていたら、道ばたで知らないおばちゃんに呼び止められ「ライトあげるね」と新品を渡された。ハンドルのところに付けられるヤツ…。
そんなに欲しそうな顔してた?というかなんで新品のライトもってるの…。ま、買わずにすんで超ラッキーです。だけれどサンタにはまだはやいと思うぜ?
あたいの人生にはこういう事が多々ある…。と、知人が丁度電話をしてきたので話したら「そんな経験一度もねーよ」とキレられた。ないの?ないのかな。
他の知人からは「で、それもらったの?」と真顔で聞かれた。病気以外は何でも貰うぜ?お礼に帰り道ずっとおばちゃんに良いことがあるように祈っておいた。例えば忘れていたへそくりが出てくるとかね。

さてディズゥのとこでネタにしてくれたからにはネタでかえすのさ。

アンソロジーをつくろう!

お、いきなり15年くらい前のテキスト系サイトみたいになったぞ。あの頃書籍化しブックオフの百円本の常連となった彼らは今はどうされているんでしょうか。

で、アンソロジーなんて編纂する気は無いので作りませんが、もし作るとしたら。

あ。

これ、とてもいいです。実のところあたいがなんとなくやりたかったアンソロジーの要素がすべてブチ籠もっている。まーなんていいますか「実力不足なのにお情けで表紙に使って貰いました」なクセにたいどでかいぞ。

おかげで包み紙が中身を台無しにしておりますが、電書は紙の本と違って表紙をちぎってお便所の紙にすることもできないんだ。だから未来永劫このまま。だけど表紙のせいで食わず嫌いしちゃいかんよ。読んでない人は今すぐ買おうね。そのためのリンクです。
もちろんレビューもしよう。例文を用意しておくので先着一名はコピペ可。

☆死 おのおのおのれもおののいた
こわすぎですちびりました。本書が電書のおかげで機器がびしょんこにぬれ感電した気もしますがいえいえ恐怖サスペンスにびりりと痺れたのです。乾ききったぼくらの心をエレクトロフィッシャー、ビリ漁法のように鷲掴み。ああもう一人で夜中おトイレに行けませんのですがこれ以上お部屋にて漏らすわけにもいかず今では彼女と二人厠にてモレモレ同棲する日々です。狭いですが其の分互いのぬくもりを感じあえ愛も深まりますしエロだし便所は地震に強いんやで。表紙が気に食わないので☆はマイナス1の死です。

で、アンソロジー。
やるからには自分が一番得をしたい。出来れば他人の力で得をしたい。ではどうしようか。売れない自分に合わせたジャンルを売れる人に書いてもらえば良いんだ!で、一緒に並べる。そうすれば「XXさんの新作だ~、この片隅の折羽ってヤツも暇つぶしにはなるぞ。よし、もうすこし読みたいな」となるのだよ。完璧。
名字名前の分け目は「折」の後ろでは無いと思う。名前ははる子じゃあない。いや、厳密に決めてないけど。少年ジャンプの巻末コメントでゆでとたまごだったりゆとでたまごだったりゆでたとまごだったりするようなもんだ。気分で変わる。

あんそろ、圧倒的に出来の良いモノを書く人が参加しようとしたときには「ここは満員だぜ?」と定員に達したことを即刻お伝えするつもりです。引き立てては貰っても引き立て役にはなりたくないぜちくしょう!

真面目に書く。
アンソロジーは枠にとらわれない小説でやりたいですな。なるべく大人数の20名くらいを先着順。
ポエムでも可。出来れば短めで全員分量はなるべく揃える。何故か?この人は長そう、後回しってのを避ける。電書だと頁数で判断付けづらい?まぁね。
あとさ、原稿に対して参加者がそれぞれ寸評を載っける。つまりこのおもしろかったXXにこんなコメントをしているOOは何を書いているんだろな?と、すべての作品を有機的にグチャラとリンクさせていきたいのだよ。もちろん物理的に名前押したら飛べるリンクも貼る。ちょっとした短編小説SNSをそのまま書籍化したって感じにしたいのだよ。これは紙では不可能なので電書ならでは機能なのも最高に良い。いや、目次見てページめくれば同じコトできるけどさ-。
電書だから音!光る!回る!うなる!でもないと思うんだよね。リンクで好きな場所に飛べる。この機能だけで充分凄いことだよ。
あ、確実に編集がクソ大変なのであたいはやらないよ。

それよりこの手の企画にはもっと大きな問題があることがおわかりか?
ヘッタクソなのに応募してき…言い直し、発展途上まだまだ夢を見ていられる未来希望文士のやる気を無碍にせずいかにまたねバイバイできるかが大変なのよ。たぶん。あ、はい。

むずかしいよね!

グダグダになってきたのでもう書くのはやめだ。

神勅!今日の進捗は真直です。

いつだったか日付を確認するのも嫌になるくらい前に新刊のお知らせを書きましたが、サボっていたのでまだ出ていません。

が、

ガンバりました。執筆環境を少し整えよそ見をしなくしたところ、おお、ばりばり書けました。自習室みたいなところで書けば良いのかもしれない…。

この調子でいけば今度こそそろそろ出せます。多分。これだけ引っぱといて短い短編三本ってのが非常に舐めてる気もしますが。

別に応募したわけじゃないから一通も来ていないけれど読者からの質問コーナーだよ!

Q 短いのばっかり書いてずるい!みんな長編で頑張ってるんだぞ。
A 長いものは書けません。書いていると文章が段々変なテンションになってくるんですが、こんなの長々と維持できません!

Q みんなみたいに人間の生活を活写したらどう?いつも変な生き物ばっかでてて飽き飽き。たまにでる人間もトリッキーだし。あんなやついるかよ。
A おばかさんなので無理です。人生経験乏しいのよ。

Q 最近まんがサボってるんじゃないの?
A 疲れたし反響もないもん。つまんないのがわるいのか!

Q 星新一賞は一回おちただけであきらめたのか!?
A はい。あきらめました。もともとネタとして応募したし。

そう、「星新一賞 傾向」で毎日毎日ググってくる人に教えてあげる。あの賞は科学的なのが良いみたいだよ。というかスコシフシギなSFは選考対象外。だったら小松左京賞にすりゃいいのに…。と、思いました。
もし筒井康隆賞ができた際にはツツイストとしては応募したいと思います。

そう、筒井康隆。

この本に載っている「ペニスに命中」なる痴呆徘徊老人の思考再現小説が大傑作だった。
断筆解除以降では最大傑作ではなかろうか。後の話は…まぁ…あれだ。ノーコメント。三字熟語羅列のは良かった。
とにかくペニスに命中、自分が小説を書いていてあれこれ悩んでいるのに、いきなり模範満点解答を突きつけられた気持ちになったよ。

筒井康隆賞で思ったけど、かつて居た無数のフォロワーたちは今どうしているんだろう。90年代には弟子?の秀作を集めて寸評書いた作品集とか出していたけど、彼らは最終的にどうなったんだろう。割とおもしろいのもあったししょうもないのもあった。印象深いのは、話の内容は忘れたけど寸評が「これはコントである」の一言しか無かったヤツ。
以来あたいは自作を書く度に「これはコントではないかな?」と考えるようになりました。いや、コントでも全然構わないけれど。

さて次回作は、猛獣島(ケモノノ村ってタイトルはケモノ村と誤記されることが多いので猛獣島に統一でいいです…)と、SF小説円盤対猫、ゾンビ小説の三本立てです。SF小説は所謂中二病フルスロットルとなるように調整中。
あと、こないだふりがなは付けるべきだ!ってお説教を頂きましたのでそのアンサーも三本のどれかに混ぜました。ああそうだ、SFは科学的なのがよいって事へのアンサーもあります。小説の半分は私怨で出来ている。(あ、ふりがなの件はそういう意見もあるのだなぁ。と思ったので別に私怨じゃないか。)こういう話は後書きコーナーに書くべきですな。多分書くよ。今ココに書いている内容なんて投稿して一晩寝たらすっかり忘れているから。

03

破損

o0600128013446594417

プリンターが完全に壊れました。まぁ充分もとはとって…プリンターでモトを取れる人ってどんな人だろう。
有ると便利だけど無くても困らないとPC用品いえば、もはやフロッピーのドライブなみの値打ちでしょうか。

いやいや書類は印刷するから必要、だけど写真を高精細にプリントするわけでもなく、時々書類程度ならコンビニで出力した方が安いよね。
と言うわけで買い直すか迷っています。
インクや紙は大量にあまってるんで本当に迷う。買い直したところでインクは使えませんが。

さて使っているのが複合機なので、複合機を買うかそれぞれ別個に買い直すかも迷うところです。コピー機的な使い方は殆どしなかったので個別に買った方が良いかもしれない。おお、言い忘れていました。プリンターは次で5代目となります。どんだけ使い潰してるかというとさにあらず。壊したのはこれで二個目。あとは人にお譲りしました。
スキャナも案外使わないモノの筆頭なのですがいらないかと問われればそんなことはない。必要なのだよ。だったら複合機買えばいいじゃないかって?いやー、複合機でかいからじゃま。プリンターは紙を縦に送る、スキャナは横にセットする、このおかげか関係無いのかそれは知らんけれどおかげで縦も横も最大幅。なんということでしょう!もうすこしコンパクトにしてくれよ…。

調べてみたら、スキャナの性能は今のエントリーモデルより壊れた複合機の方がよかった。ネガスキャンできるし。買う気が失せた…。
そう!ネガがスキャン、これは重要ですな。面倒くさいから滅多にしないけど。8×10くらいまでいけてお安いのはなかろうか。ないか。ちなみに今もってるのは35mmまでしかできないのでござる。
あれ?APSは出来ないの??今思うとAPSのカメラって売り逃げでしたね…。あと10年早く出しておくべきだった。フィルムがカートリッジに収納されたママってアイディアはよかった。インデックスッシートなくすと何撮ってるのかわかんなくなるけど。いや細めのマイナスドライバーつかえばネガは引っ張り出せますがめんどいです!

紙でできた円盤に20コマくらい円周に沿って並んでたディスクフィルムに匹敵する珍品ではないかと思うのですがいかがだろうか。

話を戻して、エントリーモデルでもブローニーだろうが8×10だろうがスキャンできるようにすべきではなかろうか。ネガをセットする枠を追加するだけで出来るのにやらない怠慢。ずるい!
高価格機が売れなくなるからですね。わかります。
A3のスキャナがやたらたかいのは判るのよ。ボディサイズが倍になるから金型から作り直しだし。
でも、いろんなネガをスキャンできるようにはして欲しい。オプションパーツ扱いでも良いから。

壊れた話が何故かそれた。

今日の話を纏めると、壊れたけど買い換える気がしない、です。

行方。

http://www.amazon.com/gp/product/B01677L11G

ドロップシッピングをアマゾンが参入したそうなのでいくつか図案を載せてみた。
サービスの使い方がこれでいいのかはよく判ってはいない。

マグとかあればいいんじゃなかろうかね。いつからか判らないけれどキャラグッズを欲しいとは思わなくなったので、どんなグッズが売れるのか判らない。でもマグはあれば欲しい。

 

小説を書いている。大して長いものではないのだけれどむしろ短いのだけどゴリリリリっと書いては保留の繰り返し。ちょっとばかり狂った人を書いていると楽しい。楽しいけれどこれ読んで真に受ける人がいるんだろうな、とも思う。以前書いてることを真に受けて人格批判をされているのをエゴサーチして見つけたことがあるだけになおさら思う。作者は破綻しているけれど破綻の方向にも色々あるんだよね、そっちじゃないんだよね。
そんなことで保留している、ではなく単にナマケモノなだけで纏めないだけ。

書いているものをブログに連載してもいいよね。あくまで初稿のたたき台ということで。どうせ続かないけどもう少し話題は続く。

他の人がどうやって書いているのかは知らないし、知ったところでマネもできないのでどうでもいいのですが自分の場合は文章に変なリズムやテンションがないと面白くならないので書くのが止まる。時々このことを指摘してくる人がいるんだけれど、どれだけ勘が良いんだろう。エスパー?って思う。関係ないけれど今日東京大学にて学食を食べました。散歩がてら寄っただけでこんなあほうにそもそも縁のある場所ではない。きっとここには勘のいい人が一杯いるのだろうなと思いましたね。頭の良さとは勘の良さであったりの脳髄の回転パワーのことではなかろうか。
私は相手によって会話内容だとかを露骨に合わせるので、あ、また人格批判されるのでこの話題終わり。

最近は人の小説を読んでも作り事にしか感じない。いや作り事か。
例えば「よしおが云々なにをあれした」と有ると、なぜよしお?その名前は何?とか、そこから疑問がわく。ケチを付けたいわけじゃなく妙な白々しさを感じる。もっとこうナイフのように尖ってて触れば怪我どころでは済まない小説が読みたいのだけれどあまりない。
あんたの書いたモノだって錆びた刀ではないかと言われそうなのでこの話題も終わり。

最近は体力も衰えを感じる。例えばちょっと変わったことをするととたんに節々が翌日痛む、だとか。これが一日空けて痛むとなると完全にやばいらしいのだけれど今のところは大丈夫。若さの貯金があるそうな。
人間とはあれこれ出来るときに積み重ねたものを切り崩して生きていくのだろう。自分は何を積み重ねただろう。ずっと欲しかったのは強烈なオリジナリティだった。これはずっとコンプレックスで「人のマネしか出来ないクズなんだ」とぐじぐじ忸怩たる思いでそれでもマネをマネだと気付かれないようにビクつきながらも生きてきた。
なのだけれど、最近気付けばどうやら個性は手に入れていたらしい。欲しいタイプの個性とは違うのだけれど。

だけど個性というのはどうやらやっかいなものだった。まず、敬遠される。次に売れない。

死ぬまでにはせっかく手に入れた個性をどうにか生きていても良いんだよって思える程度に換金する術を手に入れたい。

生きる術と言えば、こうやって作品を作って暮らしたいのであれば最初に必要なのは自己愛でしょう。
見回せば自己愛が強い人はみな売れている。そういう人に限ってヘタクソだけれどセスキモーに冷蔵庫を売るセールスマンなみのごり押しで売り込むので自分自身も騙せば客も騙せる。KDPの話ではない。KDPのことは実のところそんなに知らない。だって誰の本もよんでないもんな。いや、読んだ人もいる。誰を読んだのか誰の本を読むのを途中で止めたのか誰の書いたものを返品したのかは言わないでおく。どうせこんなブログは誰も読んでないから書いても良いか。いや書かないよ。
ブログが面白くて楽しみにしている人は何人か一応いる。
話を戻すと自己愛で売り込んでも続かないので最終的には駄目になるのだけれど、自分の作ったものを信じて売り込める能力はうらやましい。
具体例を書くと話題も広がるのだけれどやめておく。隠し事ではなく優しさですので聞かれれば答えるが、KDPの話ではない。

なぜKDPの本をあまり読まないかというと、上手い下手とか面白いとか詰まらないとかではなく創作の出発点が妥協の人が多く見受けられる(気がする)から。
漫画家になりたいけれど絵の練習はしたくない。字だったら書けるからラノベを書こう!とかそんな人が10年くらい前には多く居たそうですが、表現者として創作をせずには生きられないのではなく、安易になにかを創作したいけれど勉強はしたくないから小説を書くという人がいるんではないでしょうかね。実際KDPにそういう人がいるかどうかは知らんよ。くどいな。いるって思ってるんだろ。

楽器なら練習しなきゃ弾けない。バンドを歌がうまいからと始めてもやはり練習は必要だ。運動神経良くても何かの大会に出るのならこれも練習は必要でしょう。だけど一部のアートは何故か努力を必要としないと勘違いする人が集う。上っ面だけマネする前衛芸術っぽいアーティストだとか機材とロケ先自慢と業界(アマチュアだけど)内政治にやたら頑張っちゃうアマチュアカメラマンだとか小説だとか。あ、全部今揉めた実例書いちゃった。
でもなんで小説書く人の一部に「読書なんて無意味」って言い張る人がいるんだろう。本を読まない人の書いた物語って、ろくに料理を食べたことのない料理人と同じでしょう。

力つきたので今日のブログ終わり。図案増やしていくからTシャツ買ってね!

新刊のお知らせ。

SF02

そろそろ出そうな折羽ル子です。出そうっていっても便意のことではないぞ。
今回はSFなのだよ。さて、最近はわくわくするSFってあんまありませんね。(偏見)拙作がわくわくするかというと、まぁ変化球なんで違うんですが、わくわくするSFのような要素を混ぜよう!と思ったので口絵を作っている最中です。

こんなん。

口絵001

昔の映画館にあったロビーカードみたいなもんだよ。なんか凄そうだなーって思ってくれたまえ。一応ウソは描いていない。
こういう口絵を何点か混ぜます。キンドル本ってのは最初の10%ほどサンプルで無料で読めるそうな。
ペラッペラいあたいの小説なら口絵で終わるんじゃないの。わはははは。
と言うわけで、口絵に力を入れてます。あと数点描くぞ。
さて肝心の本編ですが、まぁそれなりに出来ている。三本立てで一つは完成一つはほぼ完成ひとつはまだ…いいえ、鋭意制作中です。

もうすこしなんだ。

かぼちゃがいたずらしに来る前にリリースしちゃったりなんかしたりして。