怨めしきはいつかは裏目

おはこんばんにちば。折羽ル子です。最近低評価レビューに関するブログ記事をやたら見かけますので、若干関係あるかもしれない記事でも書くよ。

最近私のこの御本が妙に突かれております。場所は2ch。
褒められるのと貶されるのが大体交互で、たぶん嫌がらせをしているつもりなんでしょう。
どこの誰かどういう理由か判りませんが、いいぞもっとやれ。宣伝になるじゃあないか。

抜粋するとこんな感じ。

799 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2015/05/20(水) 20:09:05.06
シュガレポは神作品だから

822 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2015/05/21(木) 10:25:56.10
そろそろ他作品のため伏せ字のトップ陥落しないもんかな
あとシュガーレポートはもっと下

881 名前:名無し物書き@推敲中?[] 投稿日:2015/05/22(金) 17:43:32.54
シュガレポはわからん

883 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2015/05/22(金) 18:43:31.77
>>881
老害かよ
シュガレポ最高じゃねえか

899 名前:名無し物書き@推敲中?[] 投稿日:2015/05/23(土) 12:58:04.28
シュガーレポートがだんだん危険物に近付いてきたな

904 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2015/05/23(土) 14:30:07.24
シュガレポは傑作だから嫉妬されても仕方がない

913 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2015/05/23(土) 16:37:33.37
今のところ五月のどの作品もシュガレポに届かないな
やっぱシュガレポ神だわ

なんていうか煽り力が足りなくてイマイチ宣伝に繋がっていないので折羽さんとしてはもうちょっと頑張って貰いたいのだよ。
例えば「シュガレポはゴミ、さっぱり理解できないしくだらない乙女趣味の妄想。サブイボモンでキモすぎて吐きそうになるのを我慢してたら耳の穴からゲロが出た」
とか
「読んでないヤツは人生を半分以上損している。このクソ本を我慢して読み切った後は、どんな退屈な文章であっても無上の喜びを感じられる体質になるだろう。電話帳ですらかなり大爆笑」
こんな感じの創意工夫溢れる中傷をしてほしいのだよ。
あ、褒め言葉の例文はそれこそ書いていてサブイボまっしぐらなんで書かないよ。

でもまぁ延々コケにされるのもやっぱり面白くはない。
そこで褒め言葉の所を抜粋して内容紹介の所に混ぜました。
なんだか照れくさいのであっさりしているけど、DHCのCMみたいにしようかと思ってアイディア練ってましたが、あっさりしている方がリアルでいいのかなぁって思いました。だいたいこんな感じ。

創作文芸板で絶賛!コメントの一部を引用!
>今のところ五月のどの作品もシュガレポに届かないな やっぱシュガレポ神だわ
>殿堂入り一位 シュガーレポート
>シュガレポの方が十倍面白い
>シュガレポは本当に素晴らしいな 今日も読んでしまった

ああ、悪評を一個混ぜるとよりリアルになりますな。1貶して3褒める。とりあえずこの記事書きたいから載っけただけの暫定版なので、もうちょっと工夫しよう。今日はどんな煽られ方をするかなぁ。楽しみだ。

私は内容紹介考えるの超ニガテなんだよ。
ネット上で時々見かけるレビューを安易にそのまま転載したいくらい。特にこの本の紹介はもともとなんだかよく判らない感じだったので、非常に助かりました。いや、イヤミじゃなくマジで。

だってもともとコレだぜ?

あらすじてきなもの
恋する魔法のときめきが少女を行動させる。
たまたまの出会いが運命を加速させ、レミを行動させる。
ありがちな一目惚れは、ただ一つの運命へ収斂するのだ。
まるで魔法のように!

この内容紹介で誰が買うんだ!?

 

アマチュアと対価

最近こういうものを作った。

IMG_20150523_174732

アクリル絵の具で制作時間は60分+α プラスの部分はあとでちょこちょこと修正したから。
何のために描いたかというと、絵画量り売りのサイトに置いてみるためだよ。「そんなん儲からないだろう」って?割とこの手のサイトにちょこちょこと本人も把握できていないくらい見つけては登録してますが、無料でバナー広告を出している位の感覚でやっております。
たまに売れるからそれはそれでいいし。
では一体何を広告しているのかというと、自分自身と言うよりはキャラクターの宣伝ですね。なのでこのサイトには一通り全てのキャラクターを載っけようかと思っています。

ちなみにこれB4で5円/cmで報酬は売り上げの55%で送料自己負担で…色々考えていると高校生のアルバイトみたいな報酬となります。ある程度売れると値上げできるそうですが。

さてここで思っちゃうのが「所謂プロではない作家=資産と言えない絵画に幾ら出せるのか?」
例えばですね、写真家の友人知人が大量に居るのですが彼らの中で売れるのは「将来的に売れる=貯金と同じ」って作品なのですね。作家が超高名なギャラリーに認められていたり、だとかそういった裏打ちが必要となります。具体例を出すと、いや、やめておく。

そういうわけで、アマチュアの高額作品は売れない。数万円のアマチュア作品が売れるのは
1)インパクトがすごい。そして飾りたい。
2)義理。個展のオープニングパーティに呼ばれて、お世話になっているXXさんだから…
3)アラブの富豪が気まぐれ

くらいでしょうか。ところで写真家の方で資産的作品じゃない人。割とポストカードを売ってる人がおりますが、あれはアホだと思う。8×10の作品を数万で売ってる横でポストカード売ってたら、気に入る作品があってもポストカードで満足しちゃうよ。

ポストカードはラフな感じのものを売るのがいいですよね。絵だったらラフな素描とか。写真だったら…なんだろう?
まぁいいや、今は写真の話をしているんじゃあないんだ。

で、私は先ほどのアマチュア作品のパターンでいうと、1)インパクトがすごい。そして飾りたい。を、目指したいと思います。でもさ、

IMG_20150523_174732

飾りたいか?…(笑)これさ、自分で言うのもおかしいけど実物はかなりギラギラしていて会心作です。いや、ほんとうに。
異様にパワフルだし。でも飾りたくはない。私はかざら…かざるかも。貰ったら飾るかも。

貰ったら飾ると言えば、うちにはアーノルドシュワルツェネッガーの写真が飾ってあります。顔がベロンチョしてターミネーターが半分見えているモノクロ写真。
サイズは8x10かな

その昔友人にパリの露店の土産として貰いました。

あ、凄いことに気付いた。プレゼント需要を狙えば良いんだ!よくさ、オッサンの宴会の景品にエログッズ詰め合わせ缶詰とか持ち寄る人いるじゃない?自分用には買わないけれどネタとしては買うっていうヤツ。
話題がそれるけど、宴会の景品の選び方って選んだ人の本質が出ると思う。下らないけど面白いを探せるか、下らないけど選んだ人は面白いでもみんなは白ける。ってことで。おっと言い過ぎた。サービス精神旺盛かソコソコか。って事にしておきます。

で、話を戻すと、そう!プレゼント需要を狙えば良いんだ。こんな絵ですがばっちり狙えると思う。グンバツにネタな絵だよ。ギラギラしているし。

そう!この絵はギラギラしているんだ。ラメやパールやメタリック粒子でいつもギラギラする日なんだ。

ああ、今日もまたひとつの真理に辿り着いてしまった。最近は冴えている。ギラギラだ!ギラギラ、ギララ。

豆知識ですが、松竹の怪獣ギララ、命名者は女子高生なんだってさ。あ、当時ね。今は…ん、50年は経っているから…。考えるのをやめた。

帰還限界点

すずめスタンプ

スレッドを見たら久々に叩かれていました。

756 名前:名無し物書き@推敲中?[] 投稿日:2015/05/20(水) 11:49:36.93
はやめにシュガーレポートをひきずりおろしたい

776 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2015/05/20(水) 16:51:18.70
>>775
そんなん読むくらいならシュガレポ読んだほうが百倍マシ

あとこんなのもありました。こっちはおそらく褒めている。

799 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2015/05/20(水) 20:09:05.06
シュガレポは神作品だから

叩かれること自体はどうでもいいんだけど、突然どうしてスイッチが入ったのかなぁって考えて、ああきっと今朝のこの書き込みのせいかなぁと気付いた。

これ、書いている内容のただそれだけなんで、いい話とかスタートとかそういうのじゃあないんだ。「読んだら悪くなかったから次も読んでも良い」これっぽっちでしかないんだよ。
ちなみに寸評は「洒落たオードブルのような小説」でした。味覚を除く五感(四感か)に加え第六感までがヤバさを感じ取ってどす黒い汗が噴き出るけど、騙されたと思って食ってみたら、やっぱり騙された!とかいうのを期待していたのだけれど、まぁ傷つけないための配慮かもしれない。

最近は「つまらない」とか言われても余裕です。
創作における恥じらいと恥ずかしさからの引きこもりを行う帰還限界点はとうの昔に超えたようです。
そう、恥ずかしさには何段階かあり、創作力とは別に創作家は強い心を育てる必要があります。

レベル1、書いた物を見られると恥ずかしいレベル。授業中に書いたポエムを意地の悪い教師に見つかり朗読されても三日以内にダメージを回復できれば克服と言えるレベル。創作物の精神的テリトリーは両手で抱えられる程度のミニサイズ。

レベル2、全然知らない他人に一行レスで酷評されてぶち切れている一昨年の名前は伏せるが折羽さんのレベル。煽りには反応しては駄目なんだよ。喜んじゃうから。精神的テリトリーは、一見広そうだけどそうでもなくめがねのままで行けるコンビニまでってサイズ。

レベル3、親兄弟親類縁者知人友人関係者に余裕で見せられるレベル。というか無理矢理見せて感想を迫るイヤなレベル。テリトリーよりも精神的図太さがビッグサイズ。

今はレベル3。この先精進すれば人前でエロ小説エロまんがどころか、ただのエロい妄想を話してもまったく動じないレベルになることが出来るのでしょう。きっとね。

 

表紙試案2

ぶんげい猛獣島

表紙をゴリゴリ書いたり、本文をたらたら書いたりしております。
前回と変ったのは描き忘れていたキャラが増えたりだとか、そういうの。
上の余白は文字が入るのだけれど未定部分。

色がめちゃくちゃなのは「アンパンマンみたいなキャラもののファンタジーを求めてもお門違いだし、動物の生態ドキュメンタリーでもないしあれやこれや」
って具合に、これはあなたの求める物語ではありあり有馬温泉。と、いう意味合いがあります。今考えた。
キャラクターのサイズ比は、ある程度描写に忠実にするべきだったかと今では思ってますがあとのひな祭り。

まぁ頑張ってのこりをかくよ。
ラールル
こっちも仕上げていかなきゃな…。内容的にはこちらが好き。一般的には、どっちもウケないよ。

 

表紙試案

さて、GW中はこういうものを無料キャンペーンしておりました。ああ、まだ続いているか。

はからずも表紙の違いがDLにどう関わるかのテストになってしまい、そういった意味では有意義な結果が得られました。
さて、どれが一番多かったと思う?

さて、今回嬉しかったのはそれぞれにレビューが新たに付いたことです。感謝しております。
レビューっていくつか種類が有ると思うのだけど、今回はパターン2でした。なにが2かというと、

1)論理的解説的レビュー。なるほどそういう意図があったのか!と作者もびっくりする事あり。
2)良かったですなにがよかったかというと…感想的レビュー。
3)不可思議レビュー。ネタに走っていたりもする4)魂の叫びレビュー。面白かった!だとか、はぁつまんねー!罵倒せずには居られない!だとか。後者はムカつく。

レビューが付くことと、レビューの内容で如実に売り上げは変ります。ほんとうに。

さて、こないだのとは別の本の表紙も作りました。試作であります。
ぶんげい猛獣島
つくってみただけ。ひとりメディアミックスですな。何時出るのかはしらない。
創作物は最終的に個人的なものに収斂していくのではなかろうかと最近は考えております。根拠はあるにはあるけれど、誰も興味が無いだろうからパス。

無料キャンペーンのお知らせ

この三冊を本日17時から5日間無料キャンペーンとします。
あらすじを一応説明すると、

1)ぶたの表紙
とんかつ屋のお話。トンカツが食べたくなるのでダイエット中の方ベジタリアンの方はご注意。
2)ねこの表紙
5個くらい短編が入っていたと思う。名探偵名推理が雰囲気はお気に入り。3)うさぎの表紙
中に出てくる牛とか豚のネタは、膨らませたらもっと面白くなると思うんでちょっと惜しいことをした。
一応すこしは書いたんだけどな。(探したけどみつからない)

体調微妙なんでねます。グーテンナハト。