えほんのランプ

marimi2.jpg
fffffff.jpg
今、猫の絵を描いてる。そんな折羽ル子です。今日はホネの絵。名前はホネコでどうか。
はっきりいって描くのはとても面倒です。私には何もかもが面倒くさい。息をするのも面倒くさい。しかしこれが新刊となって私のお小遣いとなるのだよ。すべては金のために。
しかしこの絵を使う本は、主人公にモデルがおりまして私は謝礼としておごらなければいけない。酒を印税で。
目黒にあるビールを80円で出す店(酒税がジョッキでだいたい77円なのに、あとこれ違法じゃなかったっけ?10数年前ビアガーデンが客引きに100円とかでビールだすのやめたのは違法になったからだと記憶してる)そこでいいかなぁと思っていた。ちなみに料理は犬も食わないまずさと高さ。
なのにいつのまにか銀座でおごることになっていた。とほほ。
しかし私は知っているよ、銀座も新橋寄りの方に行けばワタミがあるってね!
ワタミか…。
ちなみにこの猫骨格、解剖学的に正しいところがほとんどないから。突っ込むとかそういう事はやめてくれたまえヒスくん。
私はでたらめを描いているのだよ。

新たな表紙。

aaaaaaaa.jpg
こんばんは、既刊の表紙でも差し替えようかなぁって思ってたら妙に力が入りすぎて、この絵に合わせた短編でも書こうと思っている折羽ル子です。
ざっくり作ったシルエットに適当にディティール書き込んでいく作業、なんか楽しい。
映画見ながら何時間もいつのまにか経ってしまう。
でも小説書くのはあんま集中できないんだよね。なんでだろう。頭使うからかな。
何年か前はそうでも無かったと思うんだけど。
一応次回の短編集はギャグ少なめで
事故物件、口伝の末、猛獣機械 の三本を予定。あとオマケが入るかも。
いや、オッサン小説も書いているのだけれど、ちょっと作風が飛びすぎかなぁとも思ったのですよ。
中身はブラックユーモアだから決して外れてはいないのだけれども。
なので橋渡し的なのを用意しようかと思った次第です。それが効果的に出来ているかどうかは、まぁ完成をお楽しみに。

パソコンでキンドル本を読むワザ

キンドルforPCが出るまでどうにかパソコンでキンドル本を読みたい折羽ル子です。
わたしの近著。

何故か判らないけれど、キンドルアプリのパソコン版は日本ではリリースされておりません。なぜ?
しらん。
どうも海外では出てるっぽいんだが、何か出版社との兼ね合いがあるのかな。
そこでどうにかして読めないかなぁって考えて思いついた。アンドロイドのエミュをつかおう!
今日のテーマはKDPとかキンドル本をパソコンで読む方法。
パソコン上でアンドロイドスマホを再現出来る便利なソフトがあるのですよ。
http://www.bluestacks.com/
これ。必要なのはたったこれだけ。
mac用もあるので同じように出来るとは思うけれど、保証はしない。
これをダウンロードしてインストールします。ダイアログに従って行けば問題ないでしょう。
ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると
aaaa.jpg
こういうのが出てくるのでコンティニューをおします。そうすると、
aaaa_2013110603181254d.jpg
こんな風にグラフがすすみ無事終了。
aaaa_20131106032507d11.jpg
で。Start BlueStacks ってアイコンをダブルクリックすると、しばらく自動でランタイムとか取得してくれた後、(放置で)周りのアイコンは仕事用とかだ。クリスマスのオーナメントみたいなもんだと思っておくれ。
aaaa_20131106032840748.jpg
こんな画面で待たされ(アップデートとかしてるのかな?
aaaa_20131106033018f59.jpg
こういうホーム画面が表示されます。私はすでにキンドルアプリをインストール済みなのですが、初期状態だとはいっていないはずなので、緑色の虫眼鏡「サーチ」で検索して入れましょう。
このへんはスマホと同じはず。
aaaa_20131106034026ef5.jpg
私はガラケー大好き人間なのでスマホの事はわからん。
まぁあとはスマホで読むのと同じなので説明はいらないでしょう。
aaaa_2013110603404740d.jpg
そうするとこんな風に読めるのですね。aaaa_20131106034246257.jpg
おお、読めます読めます。
しかし買うのはなぜかうまくいかないので、パソコンで買って自動で送信して貰うのがおすすめ。同じアカウントだと勝手に同期されるし。
と、思ったら何故かうまくいきました。ふしぎだ…。こないだまで出来なかったのに。

KDP二週目


はい、三ヶ月経ったからこれも無料にしてみました。お金出して買ってくれた人ごめんよ、でも私もどんどん宣伝していかないと埋もれちゃうので仕方ないんだ。折羽ル子です。
で、とりあえずのダウンロード数を見ると、うーん。新刊だしたわけでもない時の(一応あるけど、5日目なんてないも同じ)意味は無いようだ。いやダウンロードはしてもらってるけどさ、期待した数ほどでもないっていうか。
なので停止しました。わたしも試行錯誤なのですよ。
また新刊に合わせてキャンペーンを再開します。
ちなみにこの本についてるレビュー、前も書いたけどすごい自作自演っぽいけど全然私や私の知人ではありません。ほんとだよ。
そういえば今管理画面を見れば、どうやらディスカウントキャンペーンもできるようです。
と、思ったら2.5ドル以上の本じゃないとできないのね。そうですか、やれるのないな。
近いうち絵本シリーズも立ち上げようかと思っています。
前々からつぶやいてる可愛い系の絵本と、あとカラテネコ対ウサギロボの絵本化。
後者は、絵は一応100枚くらい描いた。紙に手描きで。でも気にくわないのでまた別に描くことになります。
ちょっとマンガっぽかったんだよね。描いたときはそれでいいと思ったけど、もう少し絵画よりというか、絵だけでもまた楽しいってのを作りたくなった。
今は意識的に色々やり方を変えて書いたり、書いたモノを発表したりしてます。
商売っ気のない、純粋に読んで楽しい趣味の物語がKDPなら出来ると思うのですよ。たまたま気付いた人で完成が合致した読者だけに向けての超私的なスタイル。
通常出版社から出る本のように、XXX部売れないとだめって制約がないそれこそ10人ほどでもいいから、特定読者のためだけの小説。
なのでしばらくは、急にスタイルの違う小説とか載っかるかもしれませんが、色々迷っているのだとご理解ください。