★レビューへの返信


ついに評価1をいただきました折羽ル子です。こんばんは。
一瞬イラっとはしましたが、これはなかなか良いレビュー。いや、ほんと気に入ってます。読み返すと再びイラっとはしますが、それでも気に入ってます。
ああ、私も悪口を言われる人間になれたかと感無量だよ。
が、アマゾンのレビューにコメントで返信するのはイヤなのでここに書くよ。
ちなみに私は平野レミさんを知りません。というか所謂著名人を殆ど知らない。TV見ないから。
で、調べた。そこそこ年配の方なのだね。
まぁ登場人物の名前はエミール・ゾラから拝借しました事を先にお伝えしておきます。
って、こういうの書くなって言われそうだけど、作者にも言い返す自由はあるのだよ。
でも攻撃し返すのじゃなく、単純に思ったことの感想です。ブログのネタが出来て嬉しいし、書いてることには文句はないのだ。★イッコは見るたびにイラっとするので、レビュアー氏はあなたの思った以上の効果を私に与えました。


3 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 女子○学生向け 2013/10/29
By izuna
形式:Kindle版|Amazon.co.jpで購入済み
成人男子が読むのはキツイです。
レミとゾラって・・・。(平野レミの顔しか浮かばない)
ケータイ小説っぽい感じといいましょうか。
女子の皆さんで楽しんでください。


女子○学生の○の中身が気になる…。
中あたりかな?小かな。でも女子とか子供?とかでカテゴライズするのはよろしくないよ。自分の枠を自分で狭めている。成人男子というと分別のある大人っぽいけど、要はオッサンがワク作ってるだけだよ。そしてその枠は文具屋の既製品。否定はしない。
そういう枠にはまって生きることは、大多数の人間に許された死ぬまでの一本道だけの地図だから。
で、この○には何が入るの?去年、中学生に「おもしろかった!」って感想貰って喜んだ私にとって、誰向けだろうが向いてる人がいるってだけでとても嬉しいよ。
で、レビューについて後から書くと負け惜しみっぽいけど、ケータイ小説へのアンチなのだよ。これは。
恋愛の悩みって傍目にはくだらないよね。でも本人は生きるか死ぬか。
なのでレビュアー氏はまんまと策にはまりました。あ、でもその事を看過されたのは私の力量不足です。
結局お互い未熟者なのだよ。
でもこの言い返すシリーズは楽しいので、今後も何か悪口書いて欲しい。
本気でムカついて発狂して言い返したら私の負け。
あーでもすぐ負けそうだな。ちょっとハンデほしいよ。
とか書いてて思ったけど、このレビュー例えば文章とか作劇とかそういうのにはクレーム付いてないよね。最後まではどうか判らないけどとりあえず読んでるようだし。
もしかして今までの作品の流れから期待したのと違ってるから怒ってるのかな。
だとしたらごめんね。希望に添えるかは判らないけれど、意見は参考にするよ。なのでまた辛辣な★ヒトツをお願いします。
ipとか探らないからコメントくれると嬉しい。

新作でました

こんばんは。折羽ル子です。
さて3ヶ月立ちましたので、旧作をまた無料に為てみました。
ぶた
画像クリックで本に飛びます
ちょっとPOPな感じになったのでは無かろうか。中身は相変わらずですが。ページ数少ないから短篇を追加しようかとも思いましたが、やめた。
さて今日あたり新作ものっけようかと思ってますよ。この前のヤツですね。
また「これは小説の文章ではない」とか言われるのでしょうか。
どうぞご自由に。
↑出版は出来たのですがなぜかアマゾンに表示できない罠。なぜ?
現在問い合わせ中です。
新機軸なんで感想とかききたかったのにな…。
がっかり。

新作冒頭1800

aaa_2013102201043556f.jpg
折羽ル子です、こんばんは。
さて、全然ペースがあがらなくてマズいので、新作の冒頭部分でも載っけてプレッシャーかけてみようと思います。
といえばまぁ聞こえは良いですが、要はただの宣伝。
今回は割と一般性があるかなぁって本で、表紙もまぁ、うーん。まぁ一般性があるかな?
週末あたりには公開したいと思っています。
「キミに出会って、世界の何もかもが変わってしまった」
 冷たい空気と明るさを増す朝の空、レミは恋の始りにありがちな気持ちを特別な事として感じていた。
 世界の全てが自分を祝福しているようで、目に入る全てのことが恋のメッセージのようで、兎に角気分は良い。まだ彼に恋心は伝えていないけれど、好きという気持ちがあるだけでしあわせだった。ドキドキが連鎖し心は高揚。考えれば紅潮する自分の姿に鏡を見ることが出来ない。
 
恋は盲目、だけど結婚はその目を開かせてくれる。確かそんな文句だったフランスの格言を思い出し「きゃあ!」とレミは悶えた。付き合ってもないのに結婚だなんて!
 なんだかわからないこの気持ちに感じるのは背徳心。悪さをしてならバレるまで何時ものことだけれど、そんなんじゃあない特別を感じさせるドキドキ。
 考えているようで、ただぐるぐると同じ言葉の繰り返しがメリーゴーラウンド、それが今のレミの思考だ。好きかも好きかも好かれてるかも。
 かもしれないが好き。目線が合えば愛されてる。会話が出来れば?出来れば?
 それ以上考えることは運命を規定することだとレミは思う。可能性を絞りたくない。無制限に夢を見たい。良いコトがキミの言う可能性なら大歓迎だけど、想像できる幸せなら嬉しくないよ。恋から愛まで心のカタチは上昇する。その通り道の予定はいらないよ!
 しあわせの道筋は判らないまましあわせになりたい。地図もスケジュールも邪魔。きっと未来に交わされる、囁きの一つ一つで恋愛を育みたい。
 ほら、朝はあたしを祝福してくれるから明るくなる時間、すてきな今が愛される瞬間。それは永遠?愛は永遠!
 そしていつしか今日も十六時、ここは通りに面したカフェ。
 夕焼け前の少しずつ横向きになる日差しがメロンソーダをジリジリ溶かしていく。レミはデザートを少しずつ食べ、緑色を一口に満たないほど含んではため息を繰り返す。ストローの包み紙を蛇腹のように外し、水滴をかければ伸びる遊びももう終わった。デザートの周りの苦手な生クリームをスプーンでこそげ落としつつ思う。
「あんなに好きだったのに、甘さが判らない。もっと好きの前で、いままでの好きはかすれちゃう」そして大きくため息をついた。
「キミが苦手なことだけがずっと変わらないことだよ」すっかりクリームの剥がれたプリンは、同時に甘さも剥がされたかのようだ。
 ガラス越しの日差しがグラスと作る影は少しずつ伸びていった。表面に無数に付く水滴は少しずつ大きくなり、限界に達しては重力のままに零れてはテーブルを濡らしていく。一秒は一分に、一分は一時間に感じられた。針の音の隙間が聞こえる。隣のテーブルの話し声が、その下心まで声に出ているように聞こえる。レミの全ての神経は何もかも漏らさないほどに研ぎ澄まされていた。何度目かの時計とのにらめっこの末、レミは突然立ち上がった。「時間だ」
 カフェから薄暗くなる街へ飛び出し、何か用があってそこに居るかのように立ち止まるレミ。街のざわめきは次第に大きくなり彼女を包む。目を閉じて俯き耳を澄せば喧噪の中の足音、その中の一つが次第に明確になっていく。はっと顔を上げれば、目前に大好きな彼がいる。彼はレミのことに気付いているだろうか。レミが彼のことを「横顔と、そしてこの時間にこの場所を通る」という、ただそれだけの情報しかもたないなりにも好きな気持ちが大きくあるように、彼にもレミへの恋焦がれる気持ちがあるかもしれない。それは判らない。あればいいな。
 好きな気持ちはドキドキ。だからこそ気付かないふりをして通り過ぎる。何時の日か一緒に暮らす未来に「あの時お互いが正直だったらもっと早くから仲良く出来たよね」って語らうことがあるのだろうか。その時二人は何を思う?時間が掛かった惜しい気持ちと、言い出せなかった甘酸っぱい日の記憶をもう一度思い出す?毎日この瞬間に心を巡る無数の思考、こんなにもモノを考えた事ってあったかな。何もかもが正しくて何もかもが違ってそうで、今日もただ通り過ぎる彼を見つめ後ろ姿を眺めるだけなの?
 彼が通り過ぎるあとに残された空気の甘さは愛おしい。まだ離れる前のタイミング、声をかける?手を伸ばす?何もかもが無理!こんなに近くてだけど遠い人!
 まだ名前も知らない。きっと彼もレミの名前を知らない。
 きっかけを作りたいけど、やっぱり無理。
 ほんのちょっぴり距離を壊すための勇気はまだレミには無い。まだ臆病なままだ。
つづく

ポメラ


このポメラってのを買おうかと思っている。アイディアもあるし書きたいこともあるし意欲もあるのだけど、どうにも余所見の多い折羽ル子です。こんばんは。
まぁ平たく言えばワープロです。ネットが繋がらないと執筆捗るかなぁとか、いやまぁ普段のマシンをネットから切断すれば良いだけだけどね。
コレもって図書館でも行って書こうかなとか思うわけです
辞書なんかも簡単なの付いてるし便利そう。
理想は電子辞書に文章作成機能があって、大きめのキーボードで打ち込めることだけど。
が、気付いた。いっつも外で使ってるVAIOPをネットに繋がなかったら同じじゃ無いの?
でもあんま電池持たないしノートは手軽じゃないしね。
うん、買おう。ちょうど電気屋のポイントが3万円あるし。
しかし懸念するのは、これ11年の秋に出てるって事はそろそろ新型出るんじゃ無いの…買ってスグ出たらいやだな。

わたしのウェブサイト

P8170011.jpg
http://orichall.com/
ここに自分のサイトを作っているところの折羽ル子です。みなさんいかがお過ごしでしょうか。
私も聖人君子ではありませんので、自作を売ってうはうは左うちわ生活をしたいのですよ。
なので自作とは別にプロモーション手段としてサイトを作ることにしました。実際「サイト作ってプロモーションするんだよ!」って先達のKDP作家の方が言っておられました。ブログやツイッターもいいけどずっと同じ情報がのっかてるサイトも必要って判断。
広告がのっかてるのは、「趣味じゃ無いんだよ、一応これで一旗揚げるつもりなんだよ」ってことで、スポンサーです。まぁ本が売れるようになったら外します。楽しい広告なら飾り物だと思って残すけど。
このアドレスは、私のペンネームの折羽ル子→オリハルコ→オリハル.コム
だじゃれかよ…。
これがやりたくてツイッターやらのIDがオリハルコン→orichalcumではなくorichallcom にしてたのですよ。
まぁorichalcumではID取れなかったんだけどさ。lを二つにしたのも理由があるけど、この話題は今後書くことがない日のために残しておこうと思う…。
さて、このサイトでは、一帯何を載せれば良いんだろう。
個人的に、今まで読んで面白かった本やらのレビューとかやりたいけど、たぶんやらない。

電子辞書

169.jpg
百科辞典がまるまる入った電子辞書を見つけた折羽ル子です。こんばんは。5万くらい。たけ~。
いつも思うけど、電子辞書って中の辞書を自分で選べるようにして欲しい。
ファミコンカセットみたいに別売り…だとアレなんで、オーダーPCみたく最初の注文で好きな辞書をチョイスして購入する。
まぁセットだからあんだけ冊数入れられるんだろうけど。
英語の辞書ばっかあんなにいらんわ。
国語辞典類語辞典百科辞典この三つがあれば他はもういらない。こんなのあったら暇つぶしに「あ」から全部読んじゃう。
そういや子供の頃は百科辞典を読むのが趣味でした。多分読破はしてない。興味の無い項目も多いから。だけどほぼ読んだはず。
サウナの項目にスウェーデンのサウナ写真が載ってて妙にエロかったのを覚えている。
私の中ではドイツ=独逸軍、アメリカ=ハンバーガーと同じでスウェーデン=エロサウナの図式が完成だよ。
以前ストックホルムに行ったとき、道端のパツキンの綺麗なお姉さんが「写真をお撮りしましょうか?」って親切だったのでスウェーデンの印象は良いのですが、「このお姉さんもあのエロサウナに入ったりするんだろうなぁ」とか不埒なことを考えてしまいました。お姉さんごめんね。でも本当のことだよね。たぶん。
で、その百科辞典ってのが77年度版なんだったかなぁ。情報がだから古い。だけど古いなりに面白いのですね。大分前だけど売ります買いますに「66年度版百科辞典お譲りします」ってのを見つけて「読みたい…」って思いました。全42巻とかだからあきらめましたが。
今だったら全ページスキャンして捨てるとか出来ますね。やろかな。
電子辞書に文章を作る機能が欲しいです。即座に辞書を参照できるワープロ。キーボードは好きなのをUSBで繋げられるとこれまたよろしい。
要はポメラとドッキングしてほしい。けれど全然そういうのが出ないところを見ると需要は無いのでしょう。がっくり。