文章について考える

たまにはまじめな話題でも振ってみようかと思います、折羽ル子です。
この文頭で毎回アホみたいに自己紹介をするのは、以前から時々相談相手になって貰っている知人が「そうしてみたらおもしろいよ」とアドバイスをくれたので
キャラ作りにいいかもね!って思ってやっています。
いまどきだと作品だけじゃなく、作者のキャラも必要だと思うのですよ。
作品同士は断続しているから、Aが面白かったからBも買おう!じゃなく、あの人が書いたからまた読むか…まぁ似たようなモノですが感覚的には違う。まるで違う。
それならばツイートもうすこし穏やかにすればとも言えますが、偽善的なことを言えるほど立派な人間ではありません。
まぁたまに消すけどね。あ…って後で思って。

さて、それで文章について。
キャラ作りと同じで、作品に与える個性って何だろうっていつも思う。
テーマだとかもそう。
個性が無い作家間で交換可能な作品が好みの方も多数おりますが、そういう作品を書く人も多数おりますがそういうのを書いてもなぁって思うのです。
否定しているわけでは無い。
小説でも漫画本でもほどよく個性のあるモノが昔から好きです。
あんま小説の話するとよくないんで漫画で例えると、絵はうまいけど同じような絵の人いるよね~ってのにはあんま購買欲がわかないというか、
たしかに面白いから読んじゃうけど、「よく取材してるなぁ」とも思うのだけれども、当たり障りの無いその時代の最大公約数の絵柄ってのより、時代に多少は合わせているけど個性的な絵、だとか、時代に合わせる気が無い絵とかそういうのに引かれます。
例えば名前は伏せるけど仮にジョジョの奇妙な冒険って漫画だと、それまでの同じ作家の絵柄から突如北斗の拳みたくなって、PART3でドラゴンボールよりになって(私の主観なので反論禁止)PART4はろくでなしブルースのエッセンスが混じっているなぁとか思うわけです。*その後はジャンプの漫画に詳しくないので判りません。
でも一貫してジョジョはジョジョ。絵を見ると「ああ、あのジャンプの絵のきもいまんがね」って知らない人にも言われる。
これはクサミがあるからだと思うのだよ。
何を描いてもどうしてもその作家自体の個性が出てしまう、そういうクサミ。
そういうクサミが有ることで、爆発的ヒットはしなくてもジンワリ支持されるのじゃ無いかと思うのです。
それだけでも無いけれど、だから自分の文章も積極的にクサミを混ぜている。
要は手癖で読者に最良の読みやすく書くつもりは無いって事です。
そのキャラやストーリーを描くのに、自分の中でこれが一番だね!って信じている文章で書いている。とか言うと私が自信満々みたいでなんかイヤだね。そんなことはなく、また次も読んで貰えるだろうかとビクつきながら書いております。本当に。

まぁ現状のKDP読者の大半は同じKDP作家なのかなぁと思っています。実際KDP専門に辛口レビューしてきてる人はそうでしょう。たまにプロフィールで暴露してる人もいるし。「一緒に切磋琢磨しましょう」
あれ、よかれと思うのと同好の士ってことで批評精神がむくむく沸いているんだろうけど、止めた方がいいとおもうのだがなぁ。
仲間内で星5をつけあうのとおなじで害悪だと思う。自分が売れないから~ではなく、興味が沸いた作品のレビュー欄で延々クサされていたら買う気しなくなるし、めぐりめぐって読者を減らしているだけだよ。一人減ると、その人が話題にすることで買ってくれたかもしれない知人が存在しなくなるわけだし、その先もネズミ講のように存在しなくなる。
昔、VガンダムってDVDの宣伝文句が「これを買ってはいけない 富野由悠季」で、あれはもともとガンダムのDVDBOX、それもマイナー作なんて買う人が決まっているしシャレが効いていて良かったけれど(私はこのアニメを見たことがありません。あしからず)、KDP本みたいなのは純粋な読者からのレビューや、レビューじゃなくてもブログだとかの感想を積み重ねていかないといけないんじゃないかなぁと思うのですよ。

あれ、全然文章の話からそれちゃったな。

カード

さて、発注されたカードを準備中でおります折羽ル子です。

今回はギャグ路線じゃなくとにかくオシャレで格好良くという事でした。あと、一応見本もあるし。

その見本を何故増刷しないのかと聞きますと、業者が潰れたんだってさ。。。そうですか。
それでもデータは残っているのではあるまいか?と思ったけど、ないらしい。
たまにはとにかく格好いいモノも作っても良いかなぁと思うし、格好いいモノの方が評価は高くなる傾向があるので、
今回はがっつりかっこよく作り込むよ。
完コピはしない。まあ多分、業者のテンプレベースの改造品なんだとは思いますけど、ああいうのって「汎用性のためにココを犠牲に為ちゃってるんだよなぁ」
ってのがよくあります。
あと、ちょっとのチョイスでダサいんだけど、って素材の選び方とか。
いちゃもんを付けているわけでは無い。

なのでもっとこう絶妙にバランスを調整してコピーというかリメイクをしてみようかと思っています。
まぁ実際のカード見ないと何とも言えないけど。(夕方届くっぽい)

でも拘ったところで、作った本人以外には並べて比較しないと判らん…ってオチになりそうではある。ははは。
しかしこういうカードやさんにしばらく転職してもいいかも。
昔、もう6年くらい前だけど「勝手にトレカシリーズ」ってのをやっておりました。
変った名刺を作って、実は密かにシリーズになっているという。
評判は悪くなかったけど、あれ今どこにあるんだろう。
名刺は個人情報なんであんま見せられないんだよね。名前を変えれば良いんだけど、その作業がちょっと…。
いや、でもやってもよいのではないか。ちいと考えよう。

今日の猫映画。バーニングブライト

おはこん、折羽ル子です。
ネコ好きですか?私は大好きです。好きとか言っている割におまえの描写するネコにリアリティがないぞ?って?
別に良いじゃん。ネコって名前だし猫の姿をしているけど、例えばキャラに名前を考えるとき「田中一郎」って付けると、
現実の田中さんや一郎さんに影響されるし遠慮もしてしまう。
そういうのがイヤだから動物キャラにしているだけです。
(この辺のコダワリは色々有るけど関係ないので今回は書かない)

さて、猫映画を見ました。

内容紹介
嵐の夜。出口なし。密室に放たれた飢えた獣―。

ケリーは、母を亡くしてからずっとひとりで自閉症の弟トムの面倒を見ながら暮らしてきた。
大学進学が決まり、トムを施設に預けることにしたケリーだったが、母が銀行に残していた預金は、一儲けを企む義父のジョニーがすべて使い込んでいた。
その金で手に入れたのは、1頭のシベリアンタイガー。だが、ジョニーはトラの入った檻を家の中に放置したまま外出してしまう。
その夜、ケリーが目を覚ますと、目の前に飢えた獰猛なトラが・・・!
超大型ハリケーン襲来のため、外側から完全に窓や扉を塞がれ、密室と化した家の中で、ケリーと弟は果たして生き残ることができるのか! ?

と、こういう映画。
ところで知ってますか?猫科の動物で保護対象じゃ無いのは猫だけって。
チーム名なのにハブにされて気の毒だね…。

この映画、トラが実に素晴らしい。多分CGなんだろうけど毛並みと言い動きと言い、とにかく猫を堪能できます。
が、あれ?って思うところも多い。ガスをつけっぱにするシーンがあって、その後もずっとつきっぱなしだから「火事になるのかな?」って思ったけどならない。たいまつ作って虎と対峙するから「火事にして倒して家から脱出するんだな」って思ったけどそうならない。
いや、火事が好きなわけではありません。パイロマニアじゃないし。
他にもなんていうか全体的に、一つ一つのアイディアがそのシーンだけで終わってしまい、他に繋がっていかないシーンがあまりにも多かった。
まぁそれが現実的と言えばそうなんだけど、観客としてはここでこれが繋がるのか!ってカタルシスも欲しいところ。
あと最大の欠点は、出てくる自閉症の弟があまりにもムカつくところ。
どうやって逃げるの?って客をはらはらさせるべき映画で「こいつ食われたらいいのに」って思わせてはダメでしょう(笑)
と、辛口になりましたが、虎のCGはすばらしい。家の中をのし歩く虎の映像に、そうだった、猫は猛獣なのだ!と改めて気づかされました。
私も何回か猛獣である猫の猛襲をうけた事があります。
あの牙や爪は本気になれば人間を殺すことが出来るでしょう。
ジャンプ力も忍者なみだし、そういう猫の殺人能力をメインにした映画とかみたいよね。
あ、そういや以前これも見ました。
51NbaeMu1RLこの映画は、まぁその…
ちょっとコメントはしないでおきますね。

ひとつ言えるのは「こういうジャケットデザインする仕事って罪悪感あったらダメなんだろうなぁ」
昔WEBの広告屋をやっておりましたが、あれもはっちゃけてキャッチコピーとか考えないと売れなかったし。

 

ちなみにこの映画、制作はデンマークだっけな。
コペンハーゲンにこんなビル街あったかな?
人魚像を見に行っただけなのでわかりません。
デンマークのレゴランドに行きたかったなぁ。
レゴ好きなんだよ。

さらに実験中。

折羽ル子です。こんばんは。

縦書きのパラメータを弄ってみましたがどんなでしょう?

ブログに縦書きは壊滅的に合わないような…。

 

KDPのサンプル出すときだけ縦書きにするのが良さそうです。

が、ここで問題が一つ。「その時には縦書きのことなど覚えていない」

ままならないものですなぁ。

 

ところでこのサイト、検索サイト経由で誰も来ないんですけどなんでなんだろう。
通常ブログをしばらくやっていれば、意図しないキーワードであれなにかしら人が来るものなのだけど。

未だ「エロサウナ」で一件来たきり。そもそもそんな単語どこにも書いてないぞ。あ、今書いたか。
わからん…。

ブログを書く→偶然の人が来る→買ってくれる。この無敵の三段論法が成立しないのだが。

まぁすねずに頑張っていくよ。

そういえば昨日、まだKDPを始めて半年しか経っていない事に気づきました。
もう三年はやっているつもりだった。
なんなんだこの錯覚は。多分Pってトコで同じように一年ほど出していた記憶が混同されているんでしょう。
あそこは売れなかった…。まぁわざわざ独自サイトでウェブマネー買って…とか、そんな決済をする人はいないよ。
サイトのレスポンスもISDN?ってほどに遅かったし。

このサイトはアマゾンに買収されて日本のKDPになるのを狙っているのかなぁとか思っていたら、気づかないうちにKDPが日本でも始まっていました。
誰か教えて欲しかったよ。知っていたら早い時期から参加できたのに。

 

とりあえず縦書きの効果を見たいのでダラダラ書き連ねてみました。
どうかな。

ブログを縦書き化。(実験中)

前々から縦書きのブログにした方が良いのでは無いかと思っている折羽ル子ですが、どんな感じでしょうか。

これ画像入れるとどうなるんだろう。

試してみた1(ただ貼り付けただけ)
Kramskoy_Portrait_of_a_Woman

試してみたその2(文字の回り込みを設定してみた)どんな風に表示されるだろう。ちょっとここ文字で埋めときたいので意味不明な文字列を入れますが、気が触れたわけではありませんよ。50cf4156-s

 

 

sdfkjhjtgrujfrpetokikhgltpolhidjldsc;xddrsoxtglore
jhdscigtdriusuclpirotopihlsf:ldjruhiprsefhjnklr;ejyropop
ifdgjspoidfrkroviotrop

まともに見れないよ~とかの場合、匿名で良いのでコメントを貰えると嬉しいです。

 

追記。回り込みだとえらいことになりますね。

ウシガラ

オハコンバンニチハ。

折羽ル子です。

 

私はウシガラのものが好きな時期がありまして、今でもお皿だとかグラスにウシガラのモノがその名残で多々あります。

当時は家具やら家電やら全部牛柄に加工していました。学生は暇なのさ。

携帯にも牛柄ファーを貼り込んでいた。これはかなりウケました(笑)さがせばどっかにまだあるはず。いや、ないかな。

機種変の時携帯屋に回収されたきもする。

ヒョウほど攻撃的じゃ無く、ゆるさがいいんだよね。

以前は下北沢に牛柄のお店がありましたがいつしか牛柄商品は規模を縮小し最終的にお店は消えてしまいました。

残念である。

そういえば5年ほど前に吉祥寺のユザワヤの「投げ売りワゴン」の中に牛柄テープを見つけました。

ガムテープサイズの牛柄。

おおおおおおおおおおお!って思ったので買ったよ。全部買いました。

が、このテープ、妙に厚みがあって貼りづらいしそもそも何に貼るの?って感じですよね。とりあえずXBOXのフェイスパーツに張り込んだのだけど、テープ類をたとえばコントローラーに貼ってもすぐ剥がれちゃうしで

意外に使い道が無い。

 

どうするのよこの在庫?

 

それで、今では買えない牛柄のちっこいどんぶりをこの前割ってしまいました。

割と分厚いのに…割れるんだ…。

結構ショックでしたが、今なんとなくアマゾンをみてみたら

牛柄グッズのリンク

あれ?結構牛柄グッズあるのね。

しかし牛柄グッズを買うときは、作り手に牛柄への愛情があるかが重要です。ただ牛柄…ってのはだめ。ダサい。

判りやすく言うと世の中に猫の肉球グッズって一杯あるんですよ。でも指の数が3だったり5だったり、猫愛が無いとどうしようもない。

そんなに指が生えててヘミングウェイのおうちのネコかなんかですか?って思ってしまう。

ところで私の一押しの牛柄グッズはこのイスです。

低調。

今日の内容はこちらのマンガ本を読んでいただけるとより理解していただけるかと思います。漫画界版の大いなる助走だね。

2chに悪口を書かれるのが夢です。なんて書いたら
でんしょのうらがわ 転載されて、それとはまた別にamazonレビューで低評価をもらっちゃった折羽ル子です。どうも。

あと、★4を貰えれば★を1~5個フルコンプできるので、最初にレビューしてくれて二回連続5を付けてくれた方、「短いので減点」とか書いてどちらか★4にしてください。

冗談です。

 

しかし書いている内容は大して変らないのに、1~5までまんべんなく貰っているのはKDP界でも私くらいのものでしょう。すごかろう!

いやーでも低い評価付くと露骨に売れなくなるんで、そこは悲しい。

評価内容は個人の自由なんで、あなたがそう感じたのならそれで良いです。

 

さっき一回記事を書いたんだけど、ちょっと内容酷かったので反省を込めて書直しました。

私の小説は物語を楽しみたい人には合わないのかもしれない。

特に複雑というわけでも無いけれど、もうちょっと観念的にストーリーが進むというか、現実性をあまり重視しないので描写が少ないのかなぁ。

このあたり自分では分析しきれない。まぁちょっと特殊だとは思うよ。

今書いているヤツ三本ともまた叩かれるでしょう。別に良いです。
そこまで怒らせたのならそれはそれでいいです。

自分が読者だったら読んでどう思うのだろう。おもしろがるだろうか?それともこんなもの小説じゃ無い!って思うだろうか。

 

ただ、今年は既存の概念で評価する人が嫌がることをするのが目標なので、現状を更に嫌がられる方向に進めようと思っている。

だけどさっきも書いたけど低評価レビュー続くと「とにかく読んで貰って1%でもいいから理解してくれる読者を増やそう」ってプランが遂行しづらくなる。

というかKDP作品専門にひたすら低評価レビューつける人って何なんだろう。結構見かけるけど。
いやがらせ?やっかみ?(笑)

雪景色

今週末も雪が降るそうでどうりで寒いですね。折羽ル子です。

さて先日の雪のおかげで至る所に雪だるまを見つけました。
強風のせいか崩れ落ちたのが多かったけれど…

R0010513

これが一番可愛かった。LOVEはもうちょっとバランスを考えておいて欲しかったけど。石なんだからやり直せるだろう…。

 

かわいい絵本(子ども向け)

butass

今日はがんばったよな折羽ル子ですこんばんは。

絵本も進めた。小説も進めた。

この絵本は前から言っているけれど、基本的に可愛らしい絵柄なんだけど、
唐突にこういうキモい絵が挿入されるのだよ。
どうだろうか。

 

最近は小説をしっかり伸ばす事を考えています。
水増しじゃなく、濃さを維持して分量を増やす。
読み返すと「もっと描写しても良いんじゃないか」
って多々思うモノで。
まぁそんな感じ。今月中に出すよ。予定50P。

プレビューページを作ったよ。

折羽ル子です。こんばんは。

電子書籍、それもインディーズ作家のものを買うときって幾つかのハードルがあると思っております。
面白さや興味深さが担保されているのか?って事や、支払い方法だとか。
支払いに関してはアマゾンのシステムそのものなのでハードルは無いと言えますが、面白さって件ではやはり立ち読みをしてみたい。
一応デモ版をダウンロードする事は出来ますが、わざわざデモ落としてアプリから見るってちょっと面倒です。
そういう訳で、自サイトに簡単に閲覧できる仕組みを作ろうって思い立ち、プレビューコーナーを作ってみました。

 

プレビューページへ

 

いちいち私のサイトに来てプレビューを見るってのは手間としてDEMO落とすのとあまり変わらないのですが、私のサイトみてアマゾンに買いに行く、かもしれない需要は掘り起こせるかなぁ。
プレビューページの出来は、まぁ悪くないかな。文字の視認性はもう少し検討しなきゃだけれど。

ところでこの私のサイト、何故か検索サイトからのリンクがほとんどありません。

検索ロボット避けは、してないはずなんだけど…。確認してみるか…。

通常この位ボリュームあったら毎日何らかのキーワードで人が来るものなんだけどね。

なので検索経由できて興味を持って貰おうっていうそもそもの趣旨がまだ実現していない悲しいサイトなのです。とほほ。