BLOG | 折羽ル子とケモノノノベルズ

折羽ル子とケモノノノベルズ

☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆


  • さん太Written 12月 27, 2018 by admin under 日記

    先日「SF雑誌オルタニア vol.7 」という雑誌に「バトルタワー・ダイ・ビルヂング」なるものを載っけてもらいました。 どーいう内容かと言いますと、どーんとでっかいタワーマンションがありましてその中であれやこれやあるわけ…

  • 輝くハゲ小説。Written 11月 5, 2018 by admin under お知らせ

    https://bccks.jp/bcck/156089/info 世の中にそういうジャンルがあるのか知らないけれど、ハゲ小説というジャンルがあればきっと今年一番輝いている小説をこの雑誌のために書いたのだよ。だいたい2万…

  • 新作小説「或ル小劇場の最后」Written 3月 4, 2018 by admin under お知らせ

     原作開発プロジェクトに今年も応募してみました。去年もそうだったけど、こんなの絶対駄目でしょ的なものを書きました。 映画館の閉館の日に、年寄りから若者までその映画館に思い出のある者が集まって、架空の映画の物語とそれぞれ…

  • 新刊のおしらせ。(カラテネコ)Written 1月 9, 2018 by admin under お知らせ

    年末に新刊を出しました。以前のバージョンから文章量は倍に、挿絵は大量追加となりました。 文章量は増えたけれど所謂水増しって訳じゃ無く、より酷…濃くなりました。 この物語ははっきり言って物語性は薄い串団子構造なんで、多少は…

  • 加筆中。Written 11月 29, 2017 by admin under メイキング

    夏頃からちょっとずつカラテネコ対ウサギロボを加筆している。これもなんちゃらとかうのに出すつもり。 なので文字数増やす作業ですか水増しですかと言われないようにいくつか加筆のルールを決めた。 1,文章を薄めない。 2、新要素…

  • 大四国戦線のこと2 キャラクターの成立Written 11月 10, 2017 by admin under メイキング

    物語とキャラクターはどちらが先なのかといえば、今回は物語が先であってと言えますな。 怪獣同士の対決を主軸とする時点で、人物のドラマはオマケになるのは怪獣映画的にありがちなことなのだよ。例えば最新の例を挙げればシン・ゴジラ…

  • 大四国戦線のこと1。物語の成立。Written 11月 3, 2017 by admin under メイキング

    いい加減忘れそうなので、どうやって物語がきちがいじみて完成したかをメモ的に残すことにするよ。 事の始まりは暇つぶしでした。とある公募が「実在の場所を舞台にした小説」を募集していたので、サクッと書いて応募しようと考えました…

  • カラテネコ対ウサギロボ17Written 9月 18, 2017 by admin under どうでも

    月末あたりにこんな表紙の本が出せたらいいなーと思ってます。 挿絵たっぷり30枚以上(予定。もう描いたけど編集の都合ではじくのがあるかも) 過去にリリースしたカラテネコ対ウサギロボの増量版です。これはずっと挿絵やらなんやら…

  • さらばデラックスWritten 9月 13, 2017 by admin under メイキング

    表紙を一時的に変えてみました。 また戻すのであまり細かくは描き込まなかった。これで何かしらてこ入れの効果を感じるようなら、もう少しデラックスに描き込むかもしれない。 ただ世の中的に怪獣というのはどうも需要がないので、この…

  • 慎重に新調。Written 9月 6, 2017 by admin under 日記

    ペンタブレットが壊れたので新調しました。USBコネクタのあたりのはんだが剥がれているだけっぽいけれど、ペンの具合も最近いまいちなので買い換えました。 え?;ペンを買い換えれば?ペンが高いんだよペンだけで1万円くらいする。…