新作とキャンペーンのおしらせ。

ほんとうに出しました。本日夕方からキャンペーンで0円だよ。表題作についてはにわとりが日課で卵を産むとき、だちょうサイズを孕んだかのような難産でした。
色々思うところがあるので最後に収録としました。

本書には、自分がやりたいことや感じたことやなんやかやがとにかくブチ籠もっております。
最初はさらっと終わらせるつもりだったのだけれど、収録作も二転三転してしまいました。
最初のプランでそのまま載っているのはケモノノファイトだけ。

表題作の円盤対猫はかなりとっちらかっている。sentenceとfragmentをテーマにしてとっちらかりを誤魔化そうかとも思ったし、綺麗に全体を整えようかとも思ったけれどやめた。ちょっと書いては中断し…を繰り返した書いた時々の気分のライブ感を残したかった。色々と無茶苦茶な部分はわざとです。書いている内容の出鱈目な部分もわざとです。
基本的に私の書いている物は、もちろん感覚的に書いているのだけれど最終的にはすべて作為のかたまりです。誤字脱字事実誤認はミスです。あきらかにおかしい事実誤認はわざとです。
まんがだと出鱈目もギャグとして受け止められるのに、文芸だとこうやって注釈を付けておかないと怒る人が居る。本当は後書きに書きたかったけれど、言い訳がましいのでここに書く。充分言い訳がましいですね。

さて円盤対猫、これはSFかくあるべしと、思うところをぶち込んでいる。
この場合のSFとはハードSF小説では無く、アニメなどのすこしゆるめのSFです。
設定の壮大さ、キャラのわかりやすさ、物語の拡張性、サイドストーリーの創作性、難解っぽさ(≒難解さ)などがSFには欲しいし、ヒットしたSF作品にはこれに加えて「名言」がある。だが本作に名言はない。だって猫が主役だから会話が無い…。
人称が切り替わったり地の文だと思ったら会話であったりはわざとである。
この小説はこれから自分がやりたいことの雛形的な側面もある。
途中で言葉遊びが混じる部分はその実験。
そう、こんなことをやっていきたいんだ!という実験ノートなんだよ。実験ノートとか言うとまた嫌みを書かれそうだ。
以前「所詮自己満足」と書いたら、即座に「自己満足を堂々と標榜するばかがいる」と書かれていた。
自己満足で何が悪い。
私の自己満足はショーになります!
メイビー。
さて、今年はまんがばかりでした。それもあって小説は一年ぶりです。本書にはまんがやスタンプの広告を混ぜなかった。当初予定していた口絵も書いたけれど混ぜなかった。円盤対猫サイズ比較メカデザイン表とか作ったけれどやめた。
小説の本懐は描かれないことにある。説明しないことで描写すること。
そこを絵で示してしまうと、想像の幅が狭まるのだ。これは、併録したゾンビ小説で試してみたところ思いがけず気に入ったので、本書全体に適用することにした。マンガやスタンプの広告もキャラの姿を連想させる助けになるしね。
だったら表紙はどうなんだ?って話ですが、これは夏に出たアンソロジーと同じ「描いたヤツ、本文読まずに描いただろう?」というギャグなんでいいんだよ。アンソロジーの表紙はギャグでした!なんて書くと怒られそうだ…。ははは。

読切小説「銀河の七つ星レストラン」読捨小説

 表題作を書き終わらないうちに別の短い話が出来たので、しょうがないので載せる。

スタンプも増えたよ。

一太郎からコピペすると改行の一字開けが反映されなかったけど面倒なのでこのままでいいや。

銀河の七つ星レストラン
世は宇宙時代と言われハネムーンを羽を伸ばしにムーン旅行と洒落込んだつもりでも「近場で安くあげるなんて」と種子離婚(*)に繋がる昨今。やはり流行はオールト雲目当ての太陽圏最果て旅行がおすすめ。
婚約指輪は余命三ヶ月と引き替えの宇宙の神秘、反物質封入リング。
これが二十一世紀の現代、一般的に「これくらいは当然」とされる結婚の第一歩の姿である。
*宇宙港は種子島にあります。

さて、こうなると披露宴も無事では済まない。伊勢エビオマールエビ海老原少尉、エビにも色々ありますが金銀パールの小惑星帯よりも豪華なエビと言えばダークマターに漂う宇宙エビ。目も触覚も御髭も御御足も一、二、三、とにかく多い宇宙のエビ。
婚前交渉から新婚旅行、憎い連れ合いがくたばった時には盛大に宴会否お葬式までしっかり対応できるので有名なホテルチェーン、ホテルニュータナカスズキのコンシェルジュ、連込木賃は宇宙エビを使った目玉メニューに付いて考えていた。
メニュー自体はもう完成している。宇宙で一番美味しいエビの食べ方XXXXXXX(発音不能)を銀河最高のレストランシェフ南ダンジリ氏に再現して頂くのだ。そしてこれを地球一の美女達に美味しそうに食べて貰うのだ。
南ダンジリ氏、地球名のようだがこれは当て字である。宇宙語での名前は当然発音不能であるが、どうにか空耳でミュウンナミイイイイィンダァンジールゥンと聞こえた気がしたので便宜上南ダンジリと呼ばれている。無論超音波の発声と聴音不能な我々に聞き取り再現出来るわけも無く、まっとうな発音では無いこの呼び名は無礼なので本人の前で口にしてはいけない。脳波に脳波を送り込まれて左脳と右脳を別人格にする超能力にてお仕置きされてしまうだろう。いや、それだけで済めば幸いである。彼の料理を上手そうに食べなかっただけで、豚の生き餌にされた者も多数いる。
さて、カメラマンも有能な者を連れてきた。立派な料理写真にするには一流の腕で写し取っても貰わねばなるまいとの配慮だ。すでに子どものおもちゃカメラにもX線からサーモグラフィ、重力波撮像機能まで付いてワンコインの時代であるが、その時代に錯誤するのが銀塩写真にこだわるカメラマン恥裸奇木魚である、これははじらぎもくぎょと読む。
この男デビュー作は日光写真であるから恐れいる。なんと二十世紀の終わりの頃でもディスクメディアのカメラを愛用していた。当時であれば最先端の光ディスクでは無い。ディスクフィルムである。ご存じないなら手近な爺婆に聞くと、いややはりご存じないだろうね。
宇宙時代に全くナンセンスなアナログ人間ここに極まれりだが、このギャップもまた良しである。
そんな連込木賃の思惑とうらはらこの恥裸奇木魚氏大いに頭を抱えていた。
宇宙エビは生きたまま、殻ごとばりばり食べて口の中でもぞもぞするのを楽しむ物だと言うがこれが問題なのだ。
動くから撮影が難しい? ちがう。
生きたまま食べるなんて動物愛護の精神に反する? ちがう。

なんと宇宙エビ、これがごきぶりにそっくり。皿の上の異臭を放つ宇宙発酵乳(コスモチーズ)の茶色くべたべたした上で這いずり回る姿はさながらほいほいハウス。
ペット不可のぼろアパートでも許される、中身は勝手に遊びに来てくれるあの粘着シートの紙製虫かごのふたを開けた様子にそっくり。
「ふふふ、私たちの文明がいかに進んでいてもこれだけは止められないよ」南ダンジリ氏はヒョイと足をつまむとぱくり。これをうげぇきもいとそんな目をしてはいけない。ド田舎地球のドン百姓とダンジリ氏に八本指にて自在に指さされた上でバカにされるのがオチだ。
そうそう、そうだった。ダンジリ氏の姿について説明していなかった。
見た目は典型的なピョンポコ星人である。つまり頭があり手足があり指が左右に八本ぞれぞれ。ピョンポコ星人もかつては地球人と同じく指は五本ずつであったが、彼らの宇宙時代が幕を開けたとき「恒星間飛行に数の数え方が十進数のままでは恥ずかしい」と、十六進数の数え方に適した指の本数へ肉体改造をしたのだ。現在は遺伝子改造で生まれながらの指八本であるが、はじめは移植だった。
足を洗った日本のマフィアが足りない指を足から移植するのと同じで、足の指を移植するブームがあったという。もしくは詫びを入れる日本のやくざが痛みを嫌い、ホームレスを襲撃して剪定ばさみで小指を切り落とし、さも自分の物のように提出…という具合によそから指を持ってくるブームもあった。指の調達先はピョンポコ星の後進国であったり国内に無数に存在する無戸籍人間や政治犯に宗教家たちであった。指を取るなんて酷い?いえいえ無駄にはしておりません。残りの部品も有効活用これ当然。
現代社会ですら人間が死に至る際、臓器提供を承諾していると200以上の部品に分割して各病院に運ばれるという。今わの際に列をなしてぞろぞろぞろと回収業者が並ぶという。
これと同じでピョンポコ星でもまるで鯨のように無駄なくすべてを利用されるのだ。どうしても使えないあまりカスは、後進国への食糧支援用にタンパク質を薬品で加工して再利用。
話を戻す。十六進数に適した…と言っても、なかなか物の数え方というのは変えられる物では無い。八本指になっても残りの三本は殆どの市民にとって飾りであった。移植する部位を自由に手の甲に掌に日常生活の不自由さはお洒落の前には犠牲となる。手袋はオーダーメイドが当たり前となり業界に特需が走ったというから、くだらないお洒落と無碍にも出来まい。
お父さんお母さんお兄さんお姉さん赤ちゃん指に爺指婆指捨子指の後にピョンポコ指八本景気と呼ばれることとなった。

そういうわけで指が増えると数えられる物も増える。砂糖塩酢醤油味噌、料理のさしすせそも五つから八つへ大きく変わった。これが南ダンジリ氏を筆頭とするピョンポコ星料理が銀河規模の人気を博した理由である。
酸味、苦味、甘味、辛味、鹹味に旨味が増えることで地球の料理が進歩したように、ピョンポコ星でも三つの新たな調味料「料理のやゆよ」と三つ増えることで三倍の進歩を可能としたのだ。
やはヤンピコ。ゆはユポポ、よはヨヨヨ。この三つである。連込木賃にはこの味についてはマズいの一言しか無いが、食は三代というものだ。
味覚は子どもの時から親の代から爺婆の頃から慣れ親しんでようやく理解できる物だ。だから自分には判らないのは当然だ。
同じく貧乏学生の頃からカップ麺一筋痛風持ちの恥裸奇木魚にも、味の理解は出来ないだろうが、本物を写し取る目だけはあると信じていた。時に写真は本物以上の迫力を持つ。
さあ撮影の始まりだ。控え室には「宇宙一美味しい料理」と一緒に写るための綺麗どころが控えている。彼女たちは皆「おいしい宇宙エビなんてものが食べられるチャンスですって!?これでギャラ迄貰えるなんて」とうきうきしているだろう。ありのままの感動も写真に収めたいので詳細は話していないが、プロならきっと食べ尽くしてくれるはずだ。南ダンジリ氏も宇宙の河岸でいきの良い宇宙エビを集めてくれている。辺境の田舎者の星のためと手を抜く事無く宇宙一のシェフが食材集めの便宜まではかってくれたのだ。
これこそが彼の料理を食べるためなら星の一つや二つだろうが、どんな犠牲でも払うと言う豪傑が宇宙中にいるほどの感動一皿の所以であろう。
さあ準備は出来た。
ホテルニュータナカスズキの連込木賃はモデル控え室の扉をノックした。

これが地球滅亡の真相である。

今日はガッズィーラの誕生日。

おはこんばんにちば。折羽ル子です。英文表記だとorichallcomです。一応この綴りには色々理由があるんでありますがヤボなのでいちいち言わない。

先日行き詰まりを感じていた物語は昨夜解決策を思いつきました。その反動か安心感か、たぶん御飯でおなかがいっぱいになったからだと思われますが眠っちまいましたのでとくに書けてはいない。500字くらいは増えたかな。

プロットは出来ているのだけれど、どう考えても字を埋める作業にしかならない場合はどうすればいいのだろう。
結論は今のところ「プロットを根底に文章は別のところをくみ取る」これをやろうと思うわけです。
つまりバックグラウンドは江戸時代だったり戦時中だったりで色々あるし主人公は歴史の流れからは外れられないんだけれど、それぞれ個人個人に物語はあったよね~と、プロットはあって、その流れに乗りつつ別の物語が…、あ、今「何を当然のことを?」と思った?言いよ別に。

それから、いずれそのうちシュガレポの2を書こうと思っています。1は恋愛物だった。読んでない人は無料DLできるので読もうね。http://www.iineshoten.com/book/206/シュガレa

ベースとなるネタはもうある。恋愛要素は次はない。マクガフィン的にはあるかもしれない。
次回のタイトルは シュガーレポート・サッカリンとかシュガーレポート・チクロとなるとおもう。サッカリンが語呂が良いね。その後はシュガーレポート・ソルビトールとか続く。いや、順番がわかりにくいな。こういう感じで連作となって、全体で何かが浮かび上がるといいですな。いや、1書いてから随分経っているのにいったい何時完結させるつもりだよ?って話ですかソウデスカ。
一応最初に書いたときに1が序盤になって…という構想はあったのだよ。メモもある。ただこれ、作業だなーとなったのと、構成が複雑すぎて自己満に終わりそうだなーというのと色々あってやめたわけさ。
そうそう、同じキャラが出てくる自作が他にも幾つかありますが、あれは全部スピンオフなのだ。たぶん…。

でもまぁいつ書くかは知らない。とりあえず現状の書きかけを消化しなきゃいけない。
ちなみにシュガレポは二晩くらいでネタまとめて書いた気がする。続き書くためにも今の書きかけをがんばるか…。あと5千文字くらいで終わる予定。

かいている。

tc1

あれからペースは堕ちたにせよ毎日ちびりちびり書いている。SFだ!

自分の好きなSFはゴリッゴリにリアルなのじゃなく、ある程度のSF知識やら科学知識があることが前提なやつでございます。
アニメやマンガのおかげで最近はスコシフシギくらいではSFではなく一般ドラマとして扱われるようですが、それでも書いているときに「どこまでを判っていること前提にするか」で、悩みます。
そんなのハードルあげちゃっていいじゃん。と思われるかもだが、其の昔知人の知人の書いたSF小説を読んで、設定やら何やら作者はしっかり判っているんでしょうが全然伝わってこねー!!!!と1P目でギブしたことがあるのですよ。
ちなみにその知人の書いたのも、ほんの数ページしかなかったけれどやはり1Pでギブした。こっちはアクション映画のシナリオだったんだけど、ごめんキャラが何やってるか全然ワカラン。これは正直に感想を伝えました。
「まだ自分の作品は未完成なんだ!これは序盤でタイトルも出ていない部分だから判らなくて当然!失敬な! 」的なことを言われましたけどーそれって映画としてツカミに失敗しているって事では?金払って入る映画館で、この時点で出る人間もなかなかいないと思うけどさ。

こんな思い出もあるので、細かい設定を作り込んでいると「これ、自分にしか判らないんじゃあ」と不安にもなります。
SFはコワイ!

ところで小説でもまんがでも書いているとどうしても退屈な部分が出てきますな。必要な描写なんだけれどそのまま書いても詰まらないだけ。というヤツ。
以前シュガーレポートなる小説を書いたとき

ありがちで退屈で繰り返しの、あまり利口とは言えない片思いを如何にして読ませるか。というのを裏テーマとしておりました。これ、誰か忘れたけど指摘してきた人が居て、ちゃんと読んでいる人居るんだなぁ…。と感激しました。
とくにこうやった!というノウハウもないしそもそも忘れたのだけれど、今回も頑張って退屈さの解消に励みたいと思っています。
そう、たとえばB級映画あるじゃない?アルマゲドン2015とかこういう感じの。ああいうのがダメなのって映像のしょぼさ以上にシナリオが説明だけしているところなんだよ。この隕石は特殊で堕ちてくると~~~~~氷の隕石とかチタンの隕石とかマイクロブラックホールとか色々趣向を凝らしてマンネリを打破しようとしてもさ、説明がくどい時点でマンネリなんだ。シナリオは頭と時間を使えばなるべくコストをかけずに立派に出来るところなんだから頑張ろうぜ。
時間かけられないのかもしれんが。

なので、自作も退屈な部分をすこし頑張ってみようかと思います。
最初はショートショート的にネタを入れた話で書いていたのだけれど、書いているとやはり欲も出てきたので中編くらいにはなりそうです。60年代くらいの空想科学小説っぽさが出れば良いなぁ。

アンソロジーをつくろう(つくりません)

朝!起きずにはいられない。

ディズゥ見ていたら自分以外にもばりばり書き始めているサボり魔が居てその方も星新一賞に送っていたのか~奇遇!と思っていたら、自分がネタにされていただけの折羽ル子ですがおはこんばんにちは。

デイジーのまとめNo.55『半熟煮玉子を巡る○○?』『隙間社さん、キャンペーンで悩む』『王木さんがな、小説書いたんやって』etc.

猛獣島のリンクみても気付かず、後になって「?」となり読み返してやっと気付いたマヌケさんです。
注意力が無いのだよ。

そんなあたいも観察はする。近所にいつからか「日本初オープン」と張り紙がしてあるテナントがあります。横を通る度に覗き込むけど何がオープンなのか判らないしいつになってもカラッポのまま。ああマヌケはおよびでない王さまの服はロバの耳なんですな、あれれ。

そういや今日、チャリのライトがだめになってたんでああ買わなきゃなぁと考えていたら、道ばたで知らないおばちゃんに呼び止められ「ライトあげるね」と新品を渡された。ハンドルのところに付けられるヤツ…。
そんなに欲しそうな顔してた?というかなんで新品のライトもってるの…。ま、買わずにすんで超ラッキーです。だけれどサンタにはまだはやいと思うぜ?
あたいの人生にはこういう事が多々ある…。と、知人が丁度電話をしてきたので話したら「そんな経験一度もねーよ」とキレられた。ないの?ないのかな。
他の知人からは「で、それもらったの?」と真顔で聞かれた。病気以外は何でも貰うぜ?お礼に帰り道ずっとおばちゃんに良いことがあるように祈っておいた。例えば忘れていたへそくりが出てくるとかね。

さてディズゥのとこでネタにしてくれたからにはネタでかえすのさ。

アンソロジーをつくろう!

お、いきなり15年くらい前のテキスト系サイトみたいになったぞ。あの頃書籍化しブックオフの百円本の常連となった彼らは今はどうされているんでしょうか。

で、アンソロジーなんて編纂する気は無いので作りませんが、もし作るとしたら。

あ。

これ、とてもいいです。実のところあたいがなんとなくやりたかったアンソロジーの要素がすべてブチ籠もっている。まーなんていいますか「実力不足なのにお情けで表紙に使って貰いました」なクセにたいどでかいぞ。

おかげで包み紙が中身を台無しにしておりますが、電書は紙の本と違って表紙をちぎってお便所の紙にすることもできないんだ。だから未来永劫このまま。だけど表紙のせいで食わず嫌いしちゃいかんよ。読んでない人は今すぐ買おうね。そのためのリンクです。
もちろんレビューもしよう。例文を用意しておくので先着一名はコピペ可。

☆死 おのおのおのれもおののいた
こわすぎですちびりました。本書が電書のおかげで機器がびしょんこにぬれ感電した気もしますがいえいえ恐怖サスペンスにびりりと痺れたのです。乾ききったぼくらの心をエレクトロフィッシャー、ビリ漁法のように鷲掴み。ああもう一人で夜中おトイレに行けませんのですがこれ以上お部屋にて漏らすわけにもいかず今では彼女と二人厠にてモレモレ同棲する日々です。狭いですが其の分互いのぬくもりを感じあえ愛も深まりますしエロだし便所は地震に強いんやで。表紙が気に食わないので☆はマイナス1の死です。

で、アンソロジー。
やるからには自分が一番得をしたい。出来れば他人の力で得をしたい。ではどうしようか。売れない自分に合わせたジャンルを売れる人に書いてもらえば良いんだ!で、一緒に並べる。そうすれば「XXさんの新作だ~、この片隅の折羽ってヤツも暇つぶしにはなるぞ。よし、もうすこし読みたいな」となるのだよ。完璧。
名字名前の分け目は「折」の後ろでは無いと思う。名前ははる子じゃあない。いや、厳密に決めてないけど。少年ジャンプの巻末コメントでゆでとたまごだったりゆとでたまごだったりゆでたとまごだったりするようなもんだ。気分で変わる。

あんそろ、圧倒的に出来の良いモノを書く人が参加しようとしたときには「ここは満員だぜ?」と定員に達したことを即刻お伝えするつもりです。引き立てては貰っても引き立て役にはなりたくないぜちくしょう!

真面目に書く。
アンソロジーは枠にとらわれない小説でやりたいですな。なるべく大人数の20名くらいを先着順。
ポエムでも可。出来れば短めで全員分量はなるべく揃える。何故か?この人は長そう、後回しってのを避ける。電書だと頁数で判断付けづらい?まぁね。
あとさ、原稿に対して参加者がそれぞれ寸評を載っける。つまりこのおもしろかったXXにこんなコメントをしているOOは何を書いているんだろな?と、すべての作品を有機的にグチャラとリンクさせていきたいのだよ。もちろん物理的に名前押したら飛べるリンクも貼る。ちょっとした短編小説SNSをそのまま書籍化したって感じにしたいのだよ。これは紙では不可能なので電書ならでは機能なのも最高に良い。いや、目次見てページめくれば同じコトできるけどさ-。
電書だから音!光る!回る!うなる!でもないと思うんだよね。リンクで好きな場所に飛べる。この機能だけで充分凄いことだよ。
あ、確実に編集がクソ大変なのであたいはやらないよ。

それよりこの手の企画にはもっと大きな問題があることがおわかりか?
ヘッタクソなのに応募してき…言い直し、発展途上まだまだ夢を見ていられる未来希望文士のやる気を無碍にせずいかにまたねバイバイできるかが大変なのよ。たぶん。あ、はい。

むずかしいよね!

グダグダになってきたのでもう書くのはやめだ。

おやすみ。

この前からずっと充電期間なので、あんまりメールチェックもしないのですが、開いたところ「三またされてる彼氏(ほも)から連絡が来ない!」とかいうメールが来てて、えーなんて返事しよう…って思っていたら、どうやら解決したらしいメールもその後届いておりました。

まぁあれですな。女子の相談事というのは、9割が相談ではなくその時点の心情と同意の希望なのです。
はっきり統計を取ったわけではありませんがそんな気がするよ。この服似合うかな~買っちゃおうかな~でも似合わないかも~♪とかもそうだよ。

だからマジレスをして「そんな出来損ないわかれちまいな」とか「その服よりこっちがいいよ!」なんてトンマな返事をすると怒られるわけです。
同意をしてあげよう。

そしてトンチキな返事。これは質問を文面のママ考えるのではなくなぜ質問をされているのかって背景を考えることで避けることができるのです。
大事なのは想像力。

ここから想像力の話に広げたいところですが、ホモの件でたったいま電話が掛かってきて応対しなくてはならないのでまた明日。